ドスパラ Galleria QF570

GPU
GeForce GTX 570M
◆ 購入のきっかけや価格
 前に使っていたノートが頻繁にグラフィック処理のエラーやブルースクリーンが起こるようになりました。そろそろ必要な時に動かない…ということになりそうなので新しく買うことにしました。ベースはMSIのGX683DX(GTX570M搭載)のようです。

◆ 体感速度の変化
 SSDを搭載したこともあり起動はかなり早いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 特に気になることはありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 方向キーがテンキー区画に食い込んでいるためよく打ち間違います。テンキー上部に空洞があるらしく、この部分は打撃音が違います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 ヘッドホンを使用しているためわかりません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 コネクターの配置に不満はありませんが、筐体がプラスチック製なので強度に若干の不安が残ります。

◆ 排熱:筐体の温度
 排熱口以外は熱くなりません。Open Hardware Moniterで内部温度を測ると通常時でCPU 40℃後半、GPU 40度前後です。ですが、CPU温度が上がりやすいようでCPU使用率が30~40%で70℃後半まで上昇します。ベンチマークを回してもGPUは76℃以上にはなりませんでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 CPU温度が80℃辺りになると冷却ファンの回転数があがり、ドライヤーのような音がしますがそれ以外ではさほど気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは180W電源のようで大きいです。およそPSPが隠れるくらいの大きさで厚さはPSPの2倍程度です。

◆ 総評
 キーボードなど多少きになる所はありますが、SSD+HDDが可能・GTX570M搭載機ということもあり概ね満足しています。