HOME > レポート一覧 > アイムチャッキーさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

FRONTIER FRNMLG54A7/D  アイムチャッキー さん

>> KOUZIRO

 No. 3793

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.1 5.5 5.5 6.6 5.9 5.5
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.82.6888.75
512k31.8132.12
4k0.391.369
型番東芝 MK5059GSXP
3DMark06 8202
FF14 低解 1690
FF11v3 高解 7034
モンハン絆 3871

◆ 購入のきっかけや価格
楽天サイトでこのノートを発見。39800円と微妙に安く、14型でUSB3.0とGeForceGT540Mを搭載しているのが非常に興味深かったので、買おうか買わないか悩みましたが、運が良く(悪く?)楽天のポイント10倍キャンペーンがあり実質35820円じゃないか!と即決してしまいました・・・。物欲には勝てなかったです。

◆ 体感速度の変化
メインで使っているノートのCore i7 2720QMの速度に慣れているので遅いですね。
1つの事をやるのにはCore i7と比べても差がありませんが、2つ以上の事をやると途端に遅くなります。例えば動画を見ながらソフトをインストールすると動画がガクガクになったりします。CPU使用率が100%に張り付くのを久々に見ました。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ほかのメーカーでは見たことがありませんでしたが、FRONTIERではかなり詳細な液晶の情報が書いてありますね。以下がその詳細データです。
同時発色数
最大 1677万色
反応速度
平均 8ms (Tr+Tf)
コントラスト比
500:1
最大輝度
200cd/m2
視野角(上下)
最大 10度(上) / 最大 30度(下)
視野角(左右)
最大 40度(左) / 最大 40度(右)
ドットピッチ
0.2265 (水平) x 0.2265 (垂直) mm
NTSC比
45%
視野角は正面を見ていても角辺りの色が変わって見えるほどひどいものです。まあ、ゲームや動画を見ているときは集中して気にはなりませんが。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キータッチは良くはありませんが、悪くもなし。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
意外に音が良い。ヘッドホン出力端子からノイズもなし。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタ配置は前側に密集しています。USBコネクタは変な溝みたいな奥まった場所にあるので筐体サイズの大きいUSBメモリなどは物理的に入りません。

コネクタポート

◆ 排熱:筐体の温度
排熱口からは熱風はでますが、筐体自体はそう熱くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンはよほど負荷を掛けないと回りません。回っても耳に付く音ではありません。
ただ、コイル鳴き?コア鳴きが非常にうるさいです。ベンチを回している最中はファンよりもうるさくキュルキュルやジーと鳴っています。バッテリー駆動ではなにも負荷を掛けていないときからコイル鳴きがしていましたので、さすがに常用が出来ないとメーカーに交換してもらいました。たまたまハズレ個体に当たったのでしょうが、コイル鳴きはどのノートでもありますが、こんなにうるさいノートははじめてでした。ちなみに交換品はかなりノイズが押さえられていましたが、それでも他のノートよりもノイズが大きいのです。もうこのノートの欠点なんでしょうか?

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
意外と軽くモバイルできます。ACアダプタはでかく持ち運ぶには適していません。

◆ その他
FRONTIERというメーカーは10年位前のパソコン雑誌でFRONTIER神代という名で見た記憶がありましたが、私の地元のメーカーだったんですね。サポートも良く、交換品は配達期間を含めて10日で来たのでかなり速い部類ではないでしょうか。

◆ 総評
GT540Mは思っていたよりパワーがあり、oblivionが高設定で普通に動きます。こんなに動くのならSkyrimも行けそうですね。
HDDやメモリは裏面のフタを開けるとすぐに交換できます。CPUも裏面から交換できるのでメンテナンス性は非常に高いです。

コイル鳴きは基板の設計によって鳴りやすい鳴りにくいがでますが、本機は比較的大きなノイズが聞こえるとのことです。コイル鳴きはいくら仕様表を見てもわかりませんし、店頭で確認してさえもわからないので貴重な情報です(店頭はうるさくて聞こえない)。液晶の仕様は確かにやたら詳しいですね。

フロンティア神代といえば、パソコン雑誌が元気だった時代には今以上の存在感があったように思います。コストパフォーマンスに優れてましたし、なによりマニア心をくすぐるパーツ編成を得意としていたような。ちなみに山口県の会社です。 [2012-3-31]

  •  The Elder Scrolls IV:OBLIVION (C) 2006-2007 Bethesda Softworks(ZeniMax Media) All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > アイムチャッキーさんのユーザーレビュー