東芝 dynabook T550/D8AB

GPU
GeForce GTS 350M
◆ 購入のきっかけや価格
昨年の6月末購入。後継機のdynabook T551/D8Bが出てか
価格.comに10万円以下で販売している店舗が相次ぎ、
3D+クアッドi7+ハーマンSPK+office 2010H&Pで93,000円は
お得すぎて即決でした。

◆ 体感速度の変化
うーんさすが東芝HDDと言わんばかりに起動が遅い・・・
しかもなぜかPC8500のメモリ・・・
でもエンコード系はi7の威力を思い知らされる。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
割といい感じの視野角です。あとやっぱりミドルGPUにやさしい
1366x768の液晶ですねー。フルスクリーンのゲームやっても
ひいひいあまり言わない。ただ・・・ブルーレイ鑑賞すると
やっぱフルHDがいい・・・と思ってしまうw

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
浅めのアイソレーションキーボードのおかげで
楽に掃除ができます。硬すぎずいいかんじです。
打鍵音も結構静かですね。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
うーん最近のハーマンってちょっと落ちた?
昔使っていたQosmio E10/2KLDEW(蛍名義のNo.1763)
のなんて音楽聞いただけで感動がすごかったのに・・・
でも高音域がなかなかクリアですが、
しいて言うと低音域がもう少しほしいとこですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBx4でOK。ACのPC側に挿すプラグがL字だったら
邪魔にならないんですけどねー。
eSATAがあるのは大変ありがたいです。

◆ 排熱:筐体の温度
結構吐いてます。底面みるとCPUとGPUの
一体型ヒートパイプから直接伝って側面のファンで吐いてます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
1度BDドライブは交換して、現在松下のUJ-240ES。
結構どんなソフトでも動作未チェックがあっても
クセなく書き込めます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
やっぱi7機種。ACはでかい。しかしながらVAIO F229ほどではないです。
結構このマシン15.6の割に軽いんですよね。でも3kgか。
そんなに思わないのはこのマシンの薄みなボディですね。

◆ その他
筐体の全体的なザラザラ加工が地味にかっこいいのと
汚れ対策になってるのがGOOD!

◆ 総評
レビューにしては遅くなりました^^;;
意表をついて1年使っての感想ってのもありかと思い・・・w
購入当初はシャットダウンができないことで2~3度東芝に送り
結局原因不明のままがっかりしていたらシャットダウンの9Fエラー
はどうやらリカバリ後の初期状態のLANドライバにあったようで
Realtekのドライバ落としてインストールしたらOKでした。
(予防でメインボードまで変わったのにw)
なんてこともありましたが、このマシンは当時は破格の値段でした
こんなに機能がそろいもそろって安かったので満足です。
1年使って満足した上で、東芝あんしん保証にも入りました!
HDDを交換はダメですが末永くつかっていきたいです。