アップル MacBook Air Air11(mid2012)

GPU
Intel HDG 4000
◆ 購入のきっかけや価格
出張が多い職場に移ったため、携帯性を重視して選びました。昨年のモデルはメモリが最大で4GBでしたが、今年8GBモデルが出たので注目していました。購入したのは、心斎橋のApple Store。USキーボード、メインメモリ8GBモデルがその場で持ち帰り可能ということでしたので、即断しました。

◆モバイル
11インチか13インチかで悩みましたが、新幹線のテーブルで手帳と並べて置いてみると、丁度良い大きさで、11インチで正解でした。

◆FF11
Bootcampを使わない仮想化でどこまでいけるかと思い、追加で外付けDVDドライブと、Parallels7、Windows7 Homeを購入し、FF11をインストールしてみました。設定については、CPUx2、メモリ2GBを割当てています。
 結論からいうと、私にとっては十分なパフォーマンスでした。フルアラのコンテンツでどうなるかまでは試せていませんが、ベンチマークで一昔前のPCくらいのスコアが出ていますので、快適とまではいかずとも、十分遊べそうです。
仮にAirがRetinaになっていたら、画面が小さすぎて遊べなかったので、Retina化されなくてむしろ良かったと思っています。


◆総合評価
高い携帯性・質感にもかかわらず、性能も十分で、大満足の逸品です。少し気になるとすれば、キーボードを押したときの感覚が少し物足りないくらいでしょうか。とはいえ、この薄さを実現しようとすると仕方ないと思います。検討されている方は、ぜひ店頭で手にとって試されてはと思います。