HOME > レポート一覧 > 七分儀司令さんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Inspiron 17R Special Edition  七分儀司令 さん 七分儀司令 さんさんのほむぺ

>> デル

 No. 3874

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.8 7.1 7.1 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.91.1690.32
512k29.3836.97
4k0.330.868
4k320.690.849
型番ST1000LM024
3DMark11 2319
3DMark06 15611*
FF11v3 高解 7153
モンハン大討伐 7692

◆ 購入のきっかけや価格
友人が入院する事となり、病室が個室で且つNET環境があるために、
時間つぶし用として購入することになりました。

その友人は以前のレポートNo. 3705、2515の持ち主ではなく、
デスクトップをメインに使ってる方です。

一応、ノートもあるにはあるんですが、大昔のDynabookSS-S7なので
(GPUがトライデントXP4)さすがに今のゲームが動かないため、
17インチでGPUを搭載しており、保証が延長できるこのモデルと
なりました。価格は5年のプラチナサポート込みで¥125,340-でした。


◆ 体感速度の変化
以前のレポートNo.3705で紹介したVostro3750でも正直速いという
印象しかなかったんですが、今回はクアッドコアで、メモリも8GB搭載
しているということもあり、ソフトのセットアップや、オフィス系アプリ、
Netサーフィン等の基本的な動作は恐ろしく快適です。

自分の自作タワー(Core2xE9770)よりも快適かもしれません(汗)

動画やエンコードに関してはテストしてません。

GPUはGeforce650Mです。Vostro3750比較でGPUはよくなっており、
それがベンチ結果に出てる感じです。

3DMark06に至ってはVostro3750にほぼダブルスコアをつけています。
まさかこのベンチがノートでさくっと動くようになるとは…

ただ気になったのはFF14のベンチが、起動後に動作を停止してしまう
事で、これに関しては原因が不明です。
(調べると結構、動かない事例がでてるんですね…)


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
LEDバックライトディスプレイです。Vostro3750同様青白さはなく、
発色は好調だと思います。視野角の狭さは致し方ないところでしょうね。

解像度は1600x900です。フルHDもオプションによっては選択できる
みたいですが、ゲーム以外の書類作成などは逆にこのくらいの解像度の
ほうが、デスクトップ画面もふくめて見やすいとの事なのでこちらに。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは最近、採用例が多い浮石型です。今、実際に打って
レポートを書いていますが、問題はない感じです。ただデザインを
優先して、上下左右キーがとても小さいのが残念な点です。

あと、打ってるときキー回りがよくペコペコ上下します。
Vostro3750ではそのようなことがなかったのでここも残念な点かも。

右側にはテンキーを装備。タッチパッドは比較的大き目のものが
2ボタンタイプで搭載されています。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーですが、ノートPCでこれだけ鳴れば良いのではないでしょうか。
音量も確実に向上しており、ステレオ感も若干ですがつかめるようになって
きました。小さな筐体の中だけに、音質の改善は難しいものと思っていまし
たが、着実に進化はしているようです。

ただ、やはり外部スピーカーには勝てないので、音質の向上をめざすなら
購入することをお勧めします。但し5000円以上のものでないと、おそらく
違いがわからないかもしれません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
個人向けとあって、Vostroよりも遊びを感じさせる、若干丸みを帯びた
デザインですが、シンプルなのでビジネスでも十分通用すると思います。

キーボード周りがマット調のハニカム柄でデザインされており、指紋や
汚れが目立たないのは好印象です。余計なボタンもなくすっきりした感じ
ですね。しかもおなじみのDellのロゴが液晶の下にないので、そういう
点も含めてDellのノートPCを操作していると感じられません(笑)
(液晶の下にはメッキ文字でInspironとあるだけです)

コネクタは左側面後方にAC、左側面前方にHDMI、USBx2、オーディオ、
右側面は中央の光学ドライブをはさむようにUSBx2、後方にLAN。


◆ 排熱:筐体の温度
廃熱は左側面に1箇所、底面に多数。空調の聞いた部屋ではどこも温く
ならず、ゲームを長時間動かしたときに、どうなるかといったところ
でしょうか。これまで触ったノートPCの中では最も冷めています。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
工学ドライブは右側面、ベンチ中でも静粛性は高かったです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
退院後はデスクトップリプレースとして活躍するので、持ち運びは考慮
していません。角がないデザインな分、サイズが合うかばんには入れや
すそうです。

バッテリーの持ちは上記により未検証です。

ACアダプタですが、厚みは以前のものより薄くなった(25mm)ものの
幅が広くなりました(汗)おそらく容量が増えてるからだと想像はしま
すが、大きいです。


◆ その他
ファンタシースターオンライン2の動作検証を行ったところ1675でした。
デフォルトの状態で、平均45FPS前後を維持していたので遊べるかなと。

大航海時代Onlineは1024x768x32で最高が589。3DMark等のベンチの
伸びに比べるとVostro3750比であまり向上せず。おそらくはベンチマー
ク自体が出て相当経ってるので、あまり差が出ないのかもしれません。


◆ 総評
総じて、内容はVostro3750よりも向上していると思えます。

デザインや性能、そしてスピーカー等、昔の安かろう悪かろうなDellの
イメージは現時点で、この筐体からはあまり感じず、商品力は上げてきて
いるように思いました。今回5年保証をつけたのでこの金額になってしまい
ましたが、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

七分儀司令さんからのレポートです。今回は入院されたご友人向けのPCを1台。入院時のパソコン環境は個室であっても病院側の規則によって大きく左右されますが、今回は病院側が個室に回線を用意済み。遠慮なくPCが使える状況とのこと。

ご友人は基本デスクトップで、所有のノートパソコンはTrident XP4搭載のdynabook。
これまた懐かしいGPUです。
 → 笠原一輝: Trident XP4の実力は?

そこから一気にGeForce GT 650Mへと跳躍したことになります。性能は大幅アップですが、FF14ベンチが停止してしまう不具合が発生しています。原因として発熱の可能性などもありますが、ドライバも疑わしい所です。GeForce 600Mシリーズへの対応は最近ようやく始まったばかりで、GeForce GT 650Mに対応するドライバはまだ「ベータ」段階のものしかありません。

NVIDIA VERDE Driver 600M
出典: NVIDIAドライバダウンロード

ドライバの成熟と共に解消していけば良いのですが。
筐体デザインは良くも悪くもデルらしくないとのこと。「デルくさいデザイン」というのは確かにありますねー そういった“くささ”が無く、すっきりしたデザインとのことです。 [2012-8-18]

  •  大航海時代Online (C) 2005 KOEI All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ファンタシースターオンライン2 (C) セガ All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > 七分儀司令さんのユーザーレビュー