Lenovo ThinkPad Edge E435 3256CTO

GPU
Radeon HD 7470M
WIndows8Proを優待価格でアップグレードしてみました。
Lenovoのドライバーは、まだ全てが揃ってるわけではなく
消費電力メーター、ネットワーク管理、サウンドドライバパッケージの不整合
と常用するアプリから、まだまだ安心して動作するレベルの提供はなされていません。

ゲームベンチはAMDドライバー12.11Betaを利用。
アップグレード前にAMDグラフィックドライバーは削除しておかないと、Windows8にアップグレード後
ログインした後に真っ黒になるので、削除、アップグレード、再インストールしてます。
新しい一部の機能の違いで、新しめのベンチではスコア微増。

デスクトップにはClassicShellを使用。
ユーザー管理はWindows7の情報を引き継いでPASS再入力となりましたが
LiveIDでのログインに比べると、Metroアプリでログインできなくなるので
このあたりの修正が面倒で厭になるぐらい。

実ゲームに関しては、古いDx9世代のゲームでも98世代だとか、一部のADV系で動作せず。
このあたりの不満が出ることが多そうなので、無理してアップグレードする利点は無さそうです。