マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE NG-N-i970BA1-SP

GPU
GeForce GTX 680M
◆ 購入のきっかけや価格

今まで使っていたノートの対ゲーム性能に嫌気が差し、購入しました。

どうせ買うなら良いものをと。ゲームだけでなく多目的に使いますし。
とりあえず GTX 680M は確定で、あとは色々悩んでこれにしました。

型番で言うと i970BA1-SP となりますが、
SSDを追加したので i970SA1 と全く同じ構成です(で、SA1より少し安いです)。
SSD追加とwin7 proへグレードアップで193000円ほど。分割払いにしたので月9000円ちょっとです。

◆ 体感速度の変化

今まで
COREi3 - HDD - メモリ2GB
のノートを使っていましたが、それに比べるともう凄いです、ええ。
「スタート」→「コントロールパネル」
ただこれだけの動作なのに、表示される速度が全く違います。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

今まで13インチ非光沢液晶のノートを使っていたので、
それに比べると光沢液晶というのは凄く綺麗ですね。
ただ、映り込みが激しいです。見辛くなることもあります。
素人なので深く踏み込んだ事は解りません。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

結局慣れなのでしょうが、このキーボードは使いづらいです、正直。
「,」「.」「/」「_」「-」「」「^」「\」が一回り小さいです。
"使用頻度が他と比べて低い"と判断して小さくしたのかどうかは知りませんが、
オフィスソフトで文章を作成したり、ネットで検索したり、チャットしたり、と様々な場面でミスタッチを誘います。
それと、「Enter」の下が「Shift」ではなく「↑」だということも、個人的にはマイナスです。
左下が、「Ctrl」「Fn」「Alt」「無変換」の順で並んでいるのも個人的にはマイナスです。コピー&ペーストを失敗する事もしばしば。
打った感覚は少し硬め、これも個人的にはマイナスです。
キーの形状がフラットで、残念ながらこれも個人的にはマイナスです。

・・・・・LEDバックライトはカッコいいです。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

イヤホンを差し込むと、少しノイズが聞こえます。
イヤホンのほうが悪いのかもしれないので、明日新しいイヤホンを買って、試し次第こちらに追記致します。

サウンドは今まで使っていたノートに比べるとよりダイナミックな感じがします。
ですが過度な期待はしないほうがいいでしょう。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

個人的には高級感があると思います。
コネクタ配置は特に問題ありません。

◆ 排熱:筐体の温度

表面はほとんど熱くなりません。
FF14ベンチ高解像度にて、室温28度でCPUの温度が65度前後、GPUはほぼload100%の状態で、温度は最高で82度でした。個人的には素晴らしいと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

様々なベンチマークソフトを試しましたが、音はさほど気になりません。
ですが、ノートンインターネットセキュリティをCDからインストールしましたが、その時の音は静かとは言えませんでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
約4kg ACアダプタを含めると約5kg ですから、
モバイル性はありません(私はバリバリ持ち運ぶ予定ですけど)。

◆ その他
既にJwordが入っていたので、一瞬でアンインストールしました。
マカフィ90日試用版(?)も入っていましたが、有償のノートンを持っていたので
アンインストールしました。

3DMark 11 の実行に少し戸惑いました。
RUNを押すと、少し時間が経った後にアプリケーションを開きすぎてるよ!!!とエラーメッセージが出ます。
これをネットで検索したところ、どうやら言語バーをタスク内に格納する事で解決するようなので、試してみると無事解決致しました。

◆ 総評

キーボードでどこまで評価を下げるか考えましたが、
「結局慣れだろう」という事でマイナス5点。

私が今まで使っていたノートの性能が微妙なだけに、
感動に対する評価が大きいかもしれません。
ですからこれと同じような性能のノートから引っ越しした方はもう少し評価が低くなるかもしれません。

キーボードが、JWordが、と多少不満はありますが、
肝心の"性能"には全く不満がありません。よって92点ぐらいで星5つです。

※ベンチマークは温度と共にゆっくり調べたいので、とりあえずはこの3つ。
 後から追加していきます。