ACER LuvBook AS3830TG

GPU
GeForce GT 540M
GT540MがSkyrimの最小スペックをぎりぎり満たしてるのでプレイしてみたところ、
GPUではなく、CPUのi5-2410Mほうが100℃に張り付くという緊急事態に陥りました(笑)

おそらく掃除したり、冷却台を買って改善するようなレベルではないですし、
幸い、i7-2820QM+GT555Mの15.6インチのフルHDノートでも消費電力は95W前後、
Neco-sugarさんのレビューを読んで、いける!と思って換装に踏み切りました。

今までやったのはメモリや無線LANの交換くらいでCPUは初めてたったので、
最近のノートはネジよりもハメ込み式の部分が多くて、割れないかヒヤヒヤでしたが、
分解サイトを参考になんとか成功、ついでにCrucial M4に換装しました。

i5-2410M→i7-2670QMの結果としては、アイドル時でCPUが36℃、GPUが34℃、
Skyrimを3時間くらい動かしてみたところ、最大でもCPUが83℃、GPUは82℃でした。

室温22℃で100℃→83℃ということで、換装としてはまずまずではないでしょうか?
Skyrimは公式ドライバ310.70でMedium設定、一番重い場所で30fps前後、
グリスはサンワサプライの銀グリスを使用、チップセットドライバの更新が必要でした。

ベンチマークのほうもGT630M並みのスコアが出るようになったのですが、
Optimusを固定しても、大人数用の軽いゲームはHDG3000で動いてしまいます^^;

今後、買い換えるとすれば、おそらく同じサイズのノートを選ぶと思いますが、
マウスや外付けスピーカーを繋ぐと軽量級の意味が半減してしまうので、
最近のノートのタッチパッドやスピーカーのコストダウン傾向も気になるところです。