パナソニック Let'snote CF-AX2MVNBP

GPU
Intel HDG 4000
◆ 購入のきっかけや価格

Windows8発売を契機に、タッチパネル搭載機に買い換えようと思い、購入しました。
それまで使っていたLet's note J9には特に不満(モバイル用途)は無かったのですが…
購入価格は、271,650円と相変わらずプレミアムエディションは高い!

◆ 体感速度の変化

J9にも特に不満は無かったので、AX2に買い換えて特に速くなった感じはしません。
が、Diablo3を動かしてみて感じたのは、3D性能は劇的に向上しているようです。
液晶がひどいので、AX2でDiablo3をプレイする気にはなりませんがね…

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

まあ、Let's noteなんで、液晶は全く期待していませんでしたが、輝度、発色ともひどいです。
解像度も、今時フルHD対応じゃないですし…

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キータッチは、J9の方が良かったです。
Enterキーを押すと、プラスチックのこすれるような嫌な音がします。
ここ、減点ポイント!

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

とりあえず、音出ますってレベルです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

アルミとマグネシウム合金製の筐体は、質感、強度とも上々です。
Let's noteのアピールポイントですので、手抜きは無いですね~
液晶のヒンジの剛性感も良い感じで、タブレットスタイルにするために頻繁に液晶を360度回しても問題なさそうです。
コネクタは、USB3.0×2とHDMIが右側、RJ-45とVGAとSDカードスロットが左側に付いています。
モバイル用のPCとしては、過不足無しってところでは無いでしょうか。
USBは、電源OFF時でも給電が可能で、スマホの充電に重宝しています。

◆ 排熱:筐体の温度

排気は、後方なので問題ないです。
パームレストは、全く熱くなりません。

◆ 静粛性:冷却ファンのノイズ

かなり積極的にファンが回ります。ほぼ常時…

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

さすが、Let's noteで、1.15kgと非常に軽量です。
ACアダプタも小さいし、可搬性抜群です。
バッテリーの保ちも悪くないです。
一日充電無し(4-5時間くらい使用)でも問題ありません。
LET内蔵はなかなか良いです。
Wi-Fiスポットとか探さずに通信できますし。

◆ その他

Windows8のMetro UIをタッチして使うシーンを想像して、タブレットスタイルになるPCを購入しましたが、そんなニーズは私にはありませんでした。
そもそも、PCにはキーボードとタッチパッドがあるので、それで事足りるんですよね。
よって、液晶のヒンジ部分のギミックがよくできているのですが、宝の持ち腐れになってしまっています。

◆ 総評

Windows8のMerto UIは失敗作?
スタートボタンを返して!