ソニー LuvBook VGN-G3AAPS

GPU
Intel GS45
◆ 購入のきっかけや価格
家用と学校で使ってるパソコンのスペアを兼ねて、中古で24,800円で購入。決め手はサイズ(12.1インチ)やメモリの上限(4GB)。

◆ 体感速度の変化
特にこれと言って不満はない。ただ、スペックがスペックだから、重めのサイトを開いたり重めのソフトを使ったりするときにはカタつく。HDDを純正の東芝製の1.8インチ160GBで5400回転の物から日立の2.5インチ500GBで7200回転の物に変えたから、データの読み込みは若干早くなってる感じがする。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は狭いほうだが、ノングレアだしそんなに画面と離れては見ないから気にならない。しかし、12.1インチな上に今では珍しい4:3の液晶なので横幅のあるサイトを見るときに苦労する。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
サイズがサイズだからしょうがないけど、別のキーに触れてしまうことがしばしば。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
いつもUSBスピーカーを繋げて曲を聴くから余計にそう思えるのだろうけど、音がこもって聞こえる。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
梨地だからかシックな感じがする。強度は薄めだけど柔じゃない感じ。USB端子が3つあるから外付けドライブを付けるときに苦労しない。

◆ 排熱:筐体の温度
左奥の裏側が熱くなってることが多い。排熱口が小さめだから排熱が上手くいってないのだろうか。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
HDDの音が少しする以外は大してうるさくもない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
学校用に使ってる13.3インチのVersaProと比べたら結構軽い。1キロ強ぐらい。最軽量モデルで898gとの事だから納得。

◆ その他
メモリは2枚組みで1枚は裏のふたを外すだけで交換できるけど、もう1枚は本体を完全に分解しないと交換できない。HDDは1.8インチと2.5インチの2種類があるけど、光学ドライブ搭載モデルだと前者のみになる。私のは非搭載の1.8インチだったけど、HDDの選択の幅を広げるために2.5インチの同型機のジャンクからパーツを移植して2.5インチのHDDに換装した。

◆ 総評
光学ドライブが内蔵されてないこととキー間隔が狭いこと以外に大して不満はない。持ち運びにも便利だし、型落ちとは言えそこそこの性能なので気に入っている。

ただ、私のはメモリを2GBから4GBに換装したり、HDDを回転数が高めなのに変えてたりしてるから性能に関する評価は参考程度に考えて下さい。