ソニー LuvBook S13P

GPU
GeForce GT 640M LE
◆ 購入のきっかけや価格

最近新しいPCを買ってないので、そろそろ安くなったVAIO TypeSを買ってしまいました。スタミナモードとスピードモードが切り替えれるというギミックも好きなので。本来はCore i7をとも思いましたが、i7のパワーを使い切ることもないのでi3で我慢です。値段は7万弱。これに部屋の隅にあった4GBメモリーとcrucial M500
を載せました

◆ 体感速度の変化

普段使いにはi7もi3も変わりありません。ネット動画も問題なく見れますし、オフィス系ソフトも問題なく動きます。typeSはソニースタイルでSSDを選ばないとSATA3GBでしか動かない、と聞いていたのでcrucial M500にしました。M5SやM5Pも転がってたのですが、M5後期型は信頼性が低下しているとの評判が多いので…
実際M500早いです。SATA3GBでは読み込みよりも書き込みが早い印象。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

VAIOディスプレイプレミアムということで発色は綺麗です。ただ視野角変化が大きいですね。普通のTNパネルにコーティングで綺麗に見えるようにしてるのかしら
最近はIPSが標準のPCが多いので、そこはがっかり

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードの配列に癖はなく。最下段のキー以外は標準的なサイズです。ただ、薄型筐体にぎっしり詰め込んでいるためか、キーを強く打鍵すると「D」を中心にキーボードがたわみます。
タッチパネルは13インチPCにしては大きめ。Windows8対応なので色々ジェスチャー機能はあるようです。使いませんけど。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

音は綺麗に聞こえます。ただ、音量最大にしても音量が足りません。低音もややもの足りないかな。音割れはありません。
Diskを入れると回転音が大きく、CDを聞くには回転音が耐えられません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

質感はいいですね。さすがにプレミアムモデルだけあって天板のカーボンも綺麗ですし、パームレストの質感もいいです。欲を言えば裏面も綺麗だと良かったのですが…。

◆ 排熱:筐体の温度

ベンチを回すと底面背側の排気口から熱い風が出ますが、普段使いではファンが回っていることも気づかないくらい静かです。
少なくともキーボード面など、普段手の当たる部分が熱くなることはありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

上にも書いたように普段使いだと静かです。
光学ドライブはスロットインタイプですが、それにしても五月蝿いです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

軽いことは軽いですが1.5Kg。光学ドライブ内蔵と考えれば納得出来ますね。
最近のウルトラブックはDiskからソフトのインストールができませんから。
外付けを持って歩くのも面倒ですしね。
ACアダプタは小さく、90Wの出力です。ほんのり温かいですが、ゲームやベンチを回すと熱くなります。

◆ その他

プレミアムモデルは「VAIO」が金文字で印刷されています。これはかっこいい。

◆ 総評

十分満足です。指紋認証の場所はもう少し考えて欲しいですけど。