マウスコンピューター LuvBook i1100BA1

GPU
GeForce GTX 680M x2
◆ 購入のきっかけや価格

現在の最高性能のPCを目差して…Alienwareが欲しかったのですが予算的に…
悩んでいるところにマウスからGF780M SLI搭載機が出たので、つい。
とりあえずSSDはM5SやM5Mが転がってるので載せかえればいいかな、と思い一番安い機種をi7-4800MQに載せ変えたものにしました。BDやら冷却台やらで総額32万くらい。これが後で大変な間違いになるのですが…

◆ 体感速度の変化

思いっきり速いです。GF780M SLIはいろんなベンチで最高設定でまずまず快適、となります。バイオハザード6ベンチでもRANK S、score14944でした。FFXIV新生エオルゼア1920×1080最高品質でscore5188、平均フレームレート:42.535、とても快適となりました。
MSI GX70が霞んでしまいました。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

ノングレア液晶ですが視野角は狭いです。正面から見ないと色調変化が目立ちます。この時点でAlienwareにすればよかったかなぁ、と後悔。発色はまずまず。輝度は十分です。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

配列はアイソレーションではなく、昔の電卓風。記号キーはかなり横幅が狭いです。キーボードは撓みすぎ。「U」「I」を中心に凹んでるのがありありとわかります。メンブレンキーボードと思いますが、キーの反発はちょっと強すぎ。
タッチパッドは反応がよいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

スピーカーはあまり大きくはないですけど音はまずまず。SoundBlasterX-Fi MB3が載ってました。CDを聞くだけなら音割れもありませんし、CD回転音も目立ちません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

さすがに大きな筐体。郷土は十分です。液晶側はちょっと頼りないかなぁ、って感じ。コネクタは左側面にオーディオ入出力4ポート、メディアスロットにLANポート。右側面にBDドライブ、eSATA/USB3.0兼用ポート、USB3.0×2、サンダーボルト!。背面にHDMI、USB3.0、USB2.0です。

◆ 排熱:筐体の温度

普通の操作をしているときは左パームレストがほんのり暖かくなります。ベンチやゲームで負荷をかけると暑くなります。右パームレストやキーボードにはほとんど熱は伝わってない感じです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

冷却ファンは常に回ってますが、音量はそこそこ。GPUに負荷をかけると盛大に回り、かなりうるさいです。廃熱を考えると仕方ないんでしょうけど…。
ファンはMXM規格のGPUカードにそれぞれ1個、CPU/チップセットに1個ついてました。光学ドライブはBT30N。LG製ですね。CDだとあまり騒音はないですが、DVD書き込みはそれなりにうるさいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

モバイル性はまったくありません。ACアダプタは弁当箱サイズ。19.5V16.9Aという大出力。そして暖かい。負荷を掛けると熱くなります。バッテリーは使ってないので評価はできません。

◆ その他

HDDモデルを買って家にあるSSDを載せようと思ったのですが、マウスコンピュータのPCはリカバリーディスクが作れない(><
リカバリーディスクが作れないということは環境が移せないということで…
M5S×2+M5Mで3台のSSDでRAID0を構成して爆速にしようと思ったのですが見事に的外れ。mSATAは裏蓋をあけると1基しかなく、もう1基はおそらくMBの表側にあると思われます。mSATAでRAID構成にするというのが困難となったため、急遽SATA2基にM5Sをいれて、M5Mと3基でRAID0にしました。どこかがわるいのか、CDMの結果が伸びません。
OSはWindows7を入れて手に入るドライバーを探してなんとか動くようにはなりました。ただX-Fi MB3が手に入らなかったり、指紋認証のドライバーがなかったり…。Intelのサイトではチップセットのドライバーがまだ公表されてなく、未だ?マークのついたデバイスがあります。HD Graphics 4600のドライバーもはじかれてしまいました。
もしこの機種を買いたいという方がおられましたら、最初からSSDにOSが入った機種のほうがいいと思います。

◆ 総評

速度は非常に満足しています。ただリカバリーディスクが作れないため、ドライバーの入手が困難です。テクニックのある方はHDDのリカバリー領域を展開してドライバーを吸い上げることもできるかも、です。