Lenovo LuvBook Tablet 2

GPU
PowerVR SGX545
◆ 購入のきっかけや価格
興味があったのでヨドバシへ実機を見に行ったところ、店員と話しているうちに
いつの間にか買ってしまいました。
7.3万円でした。

◆ 体感速度の変化
ノートPCがCore i7(2コア)の2.8GHzなので、それと比べると劣ります。
特に、起動直後やスリープからの復帰後にタッチパネルが反応しないことが
たまにありますが、通常使う分にはあまり遅いとは感じません。

昔ネットブックで見たAtomのパフォーマンスから考えると、
かなり進歩しているのではないかと思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
IPS液晶のため、視野角はかなり広いです。また、発色はおとなしめですが、
綺麗だと思います。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Windows 8のタッチキーボードが、画面サイズの関係もあると思いますが、
非常に打ちやすいです。
AndroidのATOKより使いやすいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サイズの割にいい音が鳴りますが、やはり低音は弱いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ThinkPadブランドだけあって、頑丈です。
多少ひねりを加えてもたわみません。
また、ThinkPadおなじみのマット塗装のため、滑り止めになって
落としにくいと思います。

そのほかに、タブレットには珍しくフルサイズUSBを備えているため、
変換なしでUSBメモリなどが挿せるので便利です。

◆ 排熱:筐体の温度
動画をずっと再生していると、持てないほどではないですが、
裏面右上が熱くなります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンレスなので、全く音は鳴りません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
570gと軽いため、歩きながら持っていても負担になりません。
ACアダプタは、Androidタブレットと変わらないサイズで、コンパクトです。

◆ その他
Windows 8は本当にタブレット向けだと思いました。
操作方法をAndroidと比べると、長押しが不要でフリックだけで操作できます。
Andoirdも導入してほしいです。

◆ 総評
購入して良かったです。
次世代Atom版(ThinkPad Tablet 3?)が出たらまた買いたいです。