ヒューレットパッカード LuvBook Sleekbook14

GPU
Radeon HD 7310
◆ 購入のきっかけや価格

最近ノートPCを買ってなかったのでストレスがたまり、ついふらふらと安売りしてたSleekbookを買ってしまいました。週替わりお買い得キャンペーンで29820円。
GPUの選択肢にRadeon HD 7310がないので6310で登録しました。(修正OKです)

◆ 体感速度の変化

今のメインに使っているGX70に比べるとかなり遅いです。GPUはRadeon HD 7310ですが、ベンチマークはコマ送り状態。APUといってもクロック1.2GHzだとこんなものでしょうか。ATOMを載せたノートPCに比べれストレスないでのかな。youtubeは全画面1080pだとフレームレート15程度。720Pでようやくフレームレート28くらいです。Radeon HD 7310といってもクロックが低いので処理が追いつきません。ニコ動は弾幕薄ければなんとか。
艦コレはCPUパワーを必要とするのでちょっと引っかかります。
ストレージはHDDとしては割と速いタイプだと思いますが、SSDに慣れるとワンテンポ遅く感じます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

液晶はツルピカ液晶で左右視野角はやや狭いです。上下も色変化が大きいです。発色はそこそこ。黒は黒に見えます。白浮きはありません。輝度も十分です。
最近の14インチならばFHD液晶を載せて欲しかったところですが、そこは価格とのトレードオフなんでしょうね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

本体が結構薄く、キーボード面はパームレストと高さを合わせるためにやや窪んでいます。特にたわみもなく良好なタッチです。14インチサイズにテンキーがないため、癖のある狭いキーもありません。ただENTERキーの右側にhomeやPg up、Pg dnなどのキーがあるため間違って押してしまいます。
デフォルトではFnキーは輝度調整や音量などの機能キーになってます。Fnキーとして使うにはBIOSで変更しなきゃいけません。起動時に、F10を押しているとBIOSの設定画面に入れます。タッチパッドは、ピンチやズーム操作が行えるタッチ・ジェスチャーに対応です。タッチパッド左上にくぼみがあり、長押しでタッチパッドを無効にできます。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

Dolby Advanced Audio v2にALTEC LANSINGのスピーカー。そこそこの音ですが、筐体のせいか低音はあまり響きません。かと言って高温の伸びももう一つ。音量は最大にしても音割れはないです。変なノイズも乗りません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

質感は3万を切るPCとは思えないくらい。ルビーレッドが映えます。強度も十分。液晶は無理に力を入れて捻るとたわみますが、日常使いには問題ないレベルです。コネクタはUSB3.0が左右に1本ずつ。3.0が2本あるのは良心的。その他右サイドにUSB2.0が1本。HDMIに有線LAN端子。SDカードスロット。

◆ 排熱:筐体の温度

ベンチマークを回すと右パームレストがほんのりと暖かくなります。底面から空気を取り入れているようですが、底面は結構熱くなります。厚さ2.1cmだと排熱が難しいのでしょう。左側面に排気口がありますがそこまで熱い風は出ません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

冷却ファンは常時回っています。普通に使っている分には煩くないですが、ベンチをするとかなりの音量で回ります。ま、この機種では負荷の高い作業は無理ですので問題ないかな。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

筐体が薄いため軽いように見えますが、重量は1.9Kg。長く持つとずっしり来ます。最近の13インチは1.5Kgを切る機種が多いためこの差は大きいですね。
ACアダプタは65Wのもので結構小さく感じます。アダプタはあまり熱くなりません。

◆ 総評

この機種は性能がどうというより、ルビーレッドの筐体が素晴らしくキュート。天板とパームレストだけですが光沢もあって質感も良です。とても3万を切るPCには見えません。
女性へのプレゼントには最適ですね。