Sager LuvBook NP9570

GPU
GeForce GTX 780M x2
Sager NP9570(ClevoP570WM?)

◆ 購入のきっかけや価格
昨年12月にデスクトップ用CPU搭載のノートパソコンがあることを知り、好奇心に負けて購入。1月中旬到着(付属品が欠けているトラブルがあり少々時間がかかりました)※GPUはSLI構成です。


◆ 体感速度の変化
Sager NP9390(4930MX)と比較して体感上の変化はありませんでした。もっともNP9390はシステムドライブがSSD Raid0でしたがNP9570はストレージ全てがハードディスクなのでSSDを使えばもしかしたら若干早く感じることが出来たかもしれません。PassMarkのCPUMarkではi7-4060Xの値が14169に対してNP9570は13146、NP9390が9434でNP9570の値がi7-4960Xより低いのはターボブーストがOFFの為のようです。Cinebench r15のCPUではNP9390が675に対してNP9570は988でした。ベンチマークでは期待に近い値が得られましたが、実際に動画ファイルのフォーマット変換をして見た結果では10~20%早い程度でした。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
NTSC90%カバーの液晶なので輝度、発色、視野角ともに全く問題ありません。ただ、光沢液晶なので使用環境によって映り込みが気になるかもしれません。(実際背景が黒っぽい色の場合自分の顔がよく見えます)

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
英語キーボードを選択しているので配列は全く問題ありません。キータッチ、タッチパッドも使いやすい方だと思います。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ステレオの再生では問題無いと思います。ただ、モノラルの音を再生したときは右スピーカーから、ややくぐもった音で再生されます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体の剛性は問題ありません。質感も液晶裏面のロゴがLEDで光るようになっていてNP9390よりは高級感があります。ただ厚さはNP9390より1cm近く厚くなっています。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱は気になるところですが、CPU、GUPの温度も80度を超えることはまだ無く冷却能力は十分です。筐体の温度もキーボード、パームレストともにほとんど温度の上昇を感じません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはそれなりの音がしますが、モバイルノートなどに比べればかなり小さいと思います。冷却ファンのノイズは全く気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
しいていえば可搬型といえますが、せいぜい家の中で移動するぐらいです。

◆ その他
イレギュラーなCPUを使っているためか、起動終了にかかる時間がかなりかかります。

◆ 総評
作業によってi7-4930MXとi7-4960Xの差は結構変化するようです。価格差を考えると得意な処理(私は把握していません)に使用する場合は良いですが、それ以外の場合は微妙だと思います。