Lenovo LuvBook 8

GPU
Intel HD Graphics
◆ 購入のきっかけや価格
前から持ち出し用タブレットとして8インチが欲しかったので、Androidの
Galaxy Tab S 8.4 LTE(SIMフリー版)を購入したが、パケ詰まりが頻繁に
起きたこと、720p@60fpsの動画がカクつくため売却。

その後も8インチタブレットを探し続け、発表当時からLTE版が欲しいと
思っていたが、一生出そうにないためあきらめて本機を購入。

◆ 体感速度の変化
ARROWS Tab QH55/M(Z3770)と同等。
Z3000シリーズになってからAtomもまともに使えるようになった。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
正直、発色はあまりよくないです。
というか、色が薄いです。見やすく目が疲れにくいではあります。
Galaxyに見慣れすぎのせいかもしれませんが・・・

やはりビデオ再生能力ではAtomがぶっちぎりでいいです。
Androidでは60fpsがカクつく場合がありますが、Atomでは余裕で再生可能です。
また4K@30fpsまで問題なく再生可能でした。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Windowsのオンスクリーンキーボードは相変わらず使いやすいです。
タッチパネルの感度も問題ありません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
普通のタブレットのスピーカーです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
背面のアルミカバーの質感がすごいいいです。
ただ欠点ではないですが、今の時期だとすごい冷たくなります。

やっぱり充電用コネクタとUSBは別にして欲しい。

◆ 排熱:筐体の温度
結構熱くなります。
ARROWS Tabも熱くなるのでWindowsタブレットは熱くなりやすいのかな
と思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンはないので当然無音です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
Androidタブレットと比べると重いですが、今まで持ち歩いていた
10インチARROWS Tab(650g)と比べると軽いので満足です。

ただ、結構バッテリーの減りは速いです。
InstantGo状態で放置しておく分にはあまり減りませんが、
動画を見たりすると一気に減っていきます。

また、付属している充電用ケーブルが意外と太く固い上に短いため、
取り回しが面倒です。

◆ その他
国内でもLTE版を出してくれればよかった。
これにつきます。

◆ 総評
バッテリが減りやすいのを除けば特に欠点はないのではないでしょうか。
Windowsタブレットとして安心して勧められるのではないかと思います。