デル LuvBook EveryPad Pro

GPU
Intel HD Graphics
◆ 購入のきっかけや価格
・SIMフリー(LTE対応)で、安価なWindowsタブレット(Office付)が欲しかったので、色んな意味で不具合がありそうな気がしましたが購入しました。
・価格は、LABIで39,800円(税別)でした。

◆ 体感速度の変化
・OSが起動した後は、わりとサックリ動きます。(デバイスの暗号化は無効)

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
・IPSなので視野角や発色は良好です。
・8インチで、1,280x800の解像度なので、細か過ぎずバランスがとれていると思います。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
10ポイントタッチパネルですが問題ないです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
-

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
・マイクロUSBポートが一つあり、ここで充電かUSB機器の取り付けを行います。
・最低でもセルフパワーのUSBハブは必要です。

◆ 排熱:筐体の温度
-

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
-

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
・スーツのジャケットのポケットになんとか入る大きさです。

◆ その他
・購入時に店員さんから、BIOSはこまめにアップデートして下さいとアドバイスされました。(購入後、A09からA13,A14に更新しました)
・初期OSは、Windows 8.1 with Bing。無償アップグレードで、Windows 10 Homeにして、その後、設定の回復からWindows 8.1 戻してみました。
・Windows 8 Pro パッケージのライセンスが余っていたので、このライセンスを使用して、Windows 10 Pro (Build 10240のDVD)を新規(フォーマット)インストールしました。(UEFI/32ビット)

◆ バックアップについて
・回復パーティション(Windows8.1)のコピー:○(USBメモリ)
・Dell Backup and Recovery:△(外付けのUSBハードディスクにちゃんと取れているか不明)
・システムイメージのバックアップ(Windows8.1):○(外付けのUSBハードディスク)
・システムイメージの作成(Windows10):○(外付けのUSBハードディスク)
・システム修復ディスクの作成(Windows10):×(パラメーターが間違っています)

◆ 総評
マニュアルは付属しませんし、PCにもインストールされていません。初心者には扱い辛いマシンです。元々Office以外のアプリケーションは入っていない(Officeも再インストールしないと起動しないという噂な)ので、Dellのサイトからドライバーをダウンロードし、OSの新規インストールがきる人であれば活用の幅が広がると思います。バッテリーについては、フルチャージしておけば、OSのインストールを充電無しで完了します。Officeのダウンロード・インストールもLTEで経由で問題なくできましたので、安定してきているのだと思います。

◆ 短所
・いろいろ機器を揃えないと、充電しなからUSB機器を利用することができない。

◆ 長所
・Office2013のライセンスが付属。
・SIMフリー(LTE/3G)が使える・・・安定しているのであれば。
・Wi-Fiがa/b/g/n対応。

※エクスペリエンスをWinSATで計測していますが、ゲーム用グラフィックスの数値がおかしいと思われます。