ヒューレットパッカード LuvBook DV6-6100

GPU
Radeon HD 6770M
◆ 購入のきっかけや価格
 かなり前に購入して、こちらにレポートを登録させていただいたDV6-6100です。ファン故障のためファンを交換したら色々気になったので点があったので追加報告させていただきます。(いまさらいらない?)


ファン故障にあたって
 ファンが動かなくなったのでファン交換を自分でしようとおもい色々調べたところかなり分解する必要がありました。具体的にはCPU・GPU冷却用ヒートパイプの取り外しまで必要です。そこまでやるなら購入時から発熱が気になっていたのでグリスぬり直しと全体のパフォーマンスを押し下げているHDDをSSDへの交換もやって
しまいました。


要点
?購入当時からCPU・GPUとも90℃近くまで上昇していましたがグリスを塗りなおしたところ65℃程度まで下がりました。もともとのグリスの品質に問題があったようです・・・。当然ですが温度が下がったことにより冷却ファンの回転数が上がる機会もへったので高不可時の静粛性もよくなっています。

?マザーボードアクセスまでにラッチだけで固定されている底面カバーとキーボードを取り外す必要がありますが、このラッチが簡単に割れます。その副作用でキーボードも新品に交換となりました。

?標準のHDDがかなり熱を持つ+パームレストの位置にあるのでSSDに交換することで使用上の快適性(速度面以外も)向上します。


総評
初めから熱伝導の良く高品質グリスをHPが使っていれば当時の満足度は4ではなく5になっていたと思います。HPさんもったいない!
いわゆる第2世代のクアッドコアと当時のミドルハイ程度のディスクリートGPUを搭載していればいまでも普通に現役で使えるので(この世代はUSB3.0も搭載)、ここ5年程度ノートパソコン自体あまり性能向上してないのではないでしょうか?