デル Vostro 1500

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 排熱:筐体の温度
3D系のゲームをして居る時には、筐体左側のキーボードパームレスト付近が暖かくなります。
CPUとGPUは右側にありますが、放熱部が左側に集中しているからでしょう
右側はそうでも無いので、ヒートパイプが良い仕事をしていると思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
WEBを見ている分にはFANが回りません。
T7200やT8300と変わりませんので、TDP45Wでも余裕があります。

◆ その他
Core2DuoT7200よりT8300へ換装してしばらく使っていましたが、何年か前に間違ってX9000を2個買ってしまったので、仕舞い込んでいたVostro1500に突っ込んでみました。
余っていたADATAのSSDに換装し、ついでにOSもWin10home64へ

◆ 総評
あれ?ゲームをしなければ普通に快適に使える・・・
昔のDirectX9.0時代のゲームは当時より快適になりましたが、Win10で動かないものが殆どでしょうね。
試しに入れてみた箱庭鉄道のRailRoadsは、読み込みの待ち時間が短くなり快適です。
CPU換装も効いていますが、GeForce8600mGTのO/Cが効いていそうです
Core 475MHz → 620MHz
MEM 400MHz → 520MHz

3D Mark06は動かしてみましたが、ベンチは動いたものののスコア0と困った結果でした。
昔登録したものと比べたかったのですが、残念です。
レポート登録時スコア3412 → 0

i3の2120よりSSD分快適に使える感じです。

かなり無茶な使い方をしてみましたが、問題なく使えていますので
当時のDellはかなり頑張って作りこんだノートなんでしょうね。
バッテリも外して、50%充電状態を維持させていたので、使ってみたら上記のRailRoadSが3時間動きましたw

今更なレポートですが、新しいノート選定中なので供養レポートです。