ソニー VAIO VGN-A73S

GPU
MobilityRadeon X600
◆ 購入のきっかけと価格
音楽をよく聴くのでVAIO TYPE M(Pentiun4 3.06Ghz ソニースタイルモデルVGC-M70)を昨年購入したのですが、HDDの爆音に耐え切れず前から欲しかったAVパワーアップステーション付きのTYPE Aのソニースタイルモデルを購入しました。

◆ 実際の体感速度
体感速度はTYPE Mとあまり変わりません。

◆ 液晶の質
やっぱりクリアブラック液晶は綺麗です。

◆ キーボード
こればかりは個人差があるでしょうが大変打ちやすいです。

◆ サウンド
やはりAVパワーアップステーションはすばらしい音しますねー。これだけでも買った価値はある気がします。

◆ 筐体:強度と質感
ぱっと見た目には質感が高いですが、よく見るとプラスチック部分が安っぽく見えますね。強度は問題ないと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートも5つ(合計)ありますし、満足です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
TYPE Mが爆音機だっただけに余計に静かに思います、すばらしいです。
発熱についてもパームレストが少し暖かくなる程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタデカ杉!

◆ モバイル性
ゼロです。

◆ その他
TYPE MではFFベンチは動きもしませんでしたので、感動しています。

◆ 総評
AVパワーアップステーションに価値を見出せる方には非常にいい機種だと思います。
主に仕事でCAD、3Dゲームなどで使用しますので、
今後はメモリーを増やして大事に使っていきたいと思います。