HOME > レポート一覧 > G620さんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook G20/395LS  G620 さん

>> TOSHIBA 参考になった!

  No. 482

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4321

◆ 購入のきっかけと価格
 2002年末に買ったG6に色々不都合が出てきたため。値段は高いがスペックに不満がなかったため発売と同時に購入してしまいました。

◆ 実際の体感速度
 G6とは比べ物にならない速さです。RAID0を構築してみましたが、通常の作業やゲームではあまり恩恵がないと感じたため、元に戻しました(マイドキュメント等をDドライブに)。RAID0(ストライピング)を構築した状態でのFFベンチは、RAIDなしよりも、逆に130ほど低いスコアとなりました。ソフトウェアRAIDなので、CPUに負担がかかるせいでしょうか。

◆ 液晶の質
 テカテカ液晶は初めてですが、悪くない、と思える出来です。

◆ キーボード
 皆さん書いてますが、これは不出来です。G6のも少したわみがあってよくありませんでしたが、更に悪くなりました。タイピングして指を離すときに、その上のキーの裏に指先が引っかかることがあります。(他サイトでもこういう書き込みありました。)

◆ サウンド
 非常にいいです。G6が次第に音われがひどくなってきていたので、余計に感じます。

◆ 筐体:強度と質感
 問題ないですね。大きいです。が持ち運びしませんので。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBが右側になく、裏と左に2つづつなのが、不満です。左にあるだけましかもしれませんが。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
 G6との最大の違いは、ここです。G6は特に熱がひどく、加えてファンからも異音が出ていたので、熱くない&静かなG20はすばらしいです。
 ACコード抜いてバッテリー駆動したら、右手のパームレスト(ちょうどバッテリーの上部です)がだいぶ熱くなりました。AC駆動のときは、なりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
 本体と違ってだいぶ熱くなってます。G6のものより一回り大きい。

◆ モバイル性
 こういうのは、モバイル性がないというのでしょうか。モバイルしないので、よくわかりません。

◆ その他
 パームレストをはじめ、キーボードの周囲がテカテカなのは、いただけません。指紋その他の汚れがべたべたつきまくって、汚れが目立ちます。(汚れるときたないのでパームレストにG6のおまけでもらった大きな布を乗せてタイピングしてます。)これが最大の問題点かな。
 あとは、ボリュームダイヤルが見た目はいいのだけれど、アナログではありません。G6みたいにアナログにしてほしかった。突如大音量が出たり、TVの予約録画のときに音が勝手に鳴ります。非常に不便。

◆ 総評
 さすが、メーカーPC。非常にバランスよく仕上がっているとおもいます。

HDDを2台つかうRAID0が構築できるG20。RAID0にすると大きなデータの読み込み、書き込みは圧倒的に速くなりますが、ソフトウェアRAIDのためCPUには負荷がかかってしまうようです。ベンチの結果からもCPUパワーを100%使ってしまうゲームでは若干の影響が出ることが予想されます。サウンドはdynabookの恒例となりつつあるharman/kardon製スピーカーにより非常に良好とのこと。静粛性も良好。マイナスはキーボード。dynabook SS MXもそうでしたが、どうも最近の東芝ノートはキーボードの質が安定していない気がします。いろいろなギミックを搭載するのも嬉しいですが、キータッチは基本中の基本だけに慎重に作って欲しいものです。最近はAVパソコンを標榜し、キーボードを叩くより画面を眺める方に力が入っている

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > G620さんのユーザーレビュー