NEC LaVie RX LR700/CD

GPU
Radeon Xpress 200M
◆ 購入のきっかけと価格
ノートパソコンでファイナルファンタジーをするため。東芝のdynabook SS LX190と最後まで迷うが、画面の見易さ、キーボードの打ちやすさ、重さを勘案し、熱処理、新しさを勘案し、これに決めました。
 店頭購入でもメーカーの総合補償が受けられるのも魅力だったかな。価格は発売直後と言うこともあり218000円(10%還元)ですが、オフィスが付いてこの値段ですから安くなったものです。
 同時購入でIO DATAの1Gメモリーを増設しました(現在サードパティで対応している1Gのメモリーはこれだけですから注意が必要です。デュアルチャンネルは、結構相性がシビアです。)

◆ 実際の体感速度
 ファイナルファンタジーVER3のベンチは、HIGH 2112,LOW 3196と予想(期待)を下回っており、これだけはがっかり致しました。
 HDDは5400回転に装換したので、ソフトの起動はきびきびしており、非常に良いので残念です。
 
◆ 液晶の質
 これは最高ですね。前モデルからの改善点ですね。上下の視野角も広くなり、光沢液晶フィルムもはり、綺麗で明るい画面で大満足です。

◆ キーボード
 キーボードにも適度なアールがあり、ストロークもさすがに3mmもあるので、しっかりした打感で(IBMと同等では言いすぎでしょうか)、私にはあってます。

◆ サウンド
 ノートパソコンとしては、そこそこのものと思います。ノートパソコン購入時期待していません。

◆ 筐体:強度と質感
 確かに前モデルより後退してますが、その分軽くなり私にとっては許容範囲です。液晶背面の剛性は強化されているようで強度は十分。質感は、妥協といった所でしょうか。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBがなんと4つ、他充実しており困ることはないと思います。ドライブも左側にありマウスと干渉せず、不満はありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
 右側パームレスト(HDDの真上)が、ほんのり熱くなります。私は5400回転にしているので、デフォルトのHDDであればそれほど熱くないのでは。とにかく東芝に比べれば天国のようで、これから夏に向けて最高だと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
 大きさ、発熱は、標準と思います。

◆ モバイル性
 この内容で、この軽さ・薄さ、本当に最高ですね。重さとのバーターにはなりますが内蔵バッテリーと予備ACアダプターも予約してきました。まだ市場には出回っていないようです(5月12日現在)。

◆ 総評
 今年の夏モデルは、春モデルのマイナーチェンジに止めるものが多い中、フルモデルチェンジを図ったRXに大きな期待をして購入しました。
 確かに、コストを削減しただけに質感と、ビデオメモリーが後退し、3Dゲームには少し非力には感じますが、何でも無難にこなすPCとして、満足してます。
 見た目も普通のPCになったので、人気がないせいか、価格.com等の掲示板のコメントも少ないですが、3D中心のコメントなので、厳しい指摘もしましたが、バランスの取れた良いPCです。