パナソニック Let's note LIGHT CF-R4

GPU
Intel 915GMS
◆ 購入のきっかけと価格
壊れたLaVieGタイプMに変わって、仕事や遊びに気軽に持ち運べて、しかもゲームがそれなりに動く(ここ重要)ノートPCをと思って物色していた所に登場したのがレッツノートの夏モデル。DELLや東芝の新しいモデルとも比較しましたが、やはりRシリーズのサイズと重さに惹かれて、これに決めました。価格はメーカー直販で20万ちょいでした。

◆ 実際の体感速度
快適です。まぁ、HDDのアクセスがやや遅いかも?

◆ 液晶の質
今流行の光沢液晶ではないですが、明るく見やすいです。

◆ キーボード
筐体サイズの割に十分な大きさが確保されており、打ちやすいと思います。

◆ サウンド
ノートPCに音は最初から期待していないので問題はありませんでした。
ただ、思っていたよりは音がよく音割れも無かったので逆に驚きました。

◆ 筐体:強度と質感
タフネスボディを売りの一つにしているだけあって強度は十分です。
キーボードのたわみ等も感じられません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
必要最小限のモノは揃っています。SDカードスロットが付いているのも○

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンレスですのでHDDの駆動音以外はしません。すばらしいです。
反面、普段使ってる分には気になりませんが、ゲーム等を動かすと底面を中心にだいぶ熱くなります。ゲームを長時間する場合などはそれなりに対策をした方がいいかもしれません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
小振りで持ち運びはしやすいですが、長時間使うとやや熱くなるかな?

◆ モバイル性
約1kgの重さに、B5以下のサイズ。言うことはありません。

◆ 総評
メーカー直販で頼んでいたR4が届いたので、早速FFベンチを試してみました。
ほぼ届いたままの状態にベンチをのみを入れた結果は"HIGHT=1283 LOW=2015”
低解像度で遊ぶ分には問題なさそうです。今後XPの軽量化措置とメモリ増設する予定なので、もう少し伸びるかもしれません。
全体としてはサイズ・重さ・性能・強度のバランスが非常に良く気に入っています。
特にこの軽さを体感すると、もう2kg以下のPCでも重く感じてしまいます・・・。