HOME > レポート一覧 > STMBEさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO PCG-U101  STMBE さん

  No. 514

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 767

U71PのOGAさんのレポートに刺激されて、久しぶりにチャレンジしてみました。
先のレポートにも書きましたが、設定画面のZバッファビット深度の「8ビットステンシル」のチェックを外しての測定です。因みに、デフォルトとLowの結果は以下の通りです。
FF11 ver3High 727(144.00MHz) 767(204.75MHz)
FF11 ver3Low 1124(144.00MHz) 1191(204.75MHz)
先のGR5Fの経験から、メモリクロックをいじると、もう少しはいけるかと思いますが、どうも最近、U101ユーザの間でよく聞く、マザーボード(又はビデオチップ)の不良による画面がおかしくなる現象が見え始め、おっかなびっくり使っているところですので、今回はこれでご勘弁。

おひさしぶりとなるSTMBEさんのバイオUレポートが届きました。通算で数えると何通目のレポートになるでしょうか。いつもありがとうございますm(_ _)m しかし、バイオUで故障が多発しているというのは初耳です。そろそろ冷却ファンなどにホコリがつまり、排熱などに支障をきたす時期だったりするんでしょうか。

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > STMBEさんのユーザーレビュー