パナソニック Let's note CF-W4GWPAXP

GPU
Intel 915GMS
◆ 購入のきっかけと価格
以前よりT1を使っていたこともあり、しかも今回この軽さでFFXIもできるということで購入に踏み切りました。天板も個性的なものが出揃ってきましたしね。

◆ 実際の体感速度
メーカ直販でメモリ1GBにしただけあり、webやワード、エクセル関係は問題なし。結構キビキビ動きますね。T1をメモリ512MBで動かしていましたが、今回はCPUもあいまってそれよりもだいぶマシになっています。

◆ 液晶の質
やや暗めですが通常使う分には問題ないってところですね、可もなく不可もなく。そこが一番重要だと思います。

◆ キーボード
T1のを毎日触っていたのですが、微妙によくなっていますね。ローマ字すっきりキーボードは意外と優越感に浸れたりします^^

◆ サウンド
モノラルでこもって聞こえますが、期待していなかったのでこんなもんかなと。

◆ 筐体:強度と質感
天板はブループリントにしてカスタマイズしたのですが、ささやかな、それでいてくっきりとした自己主張がブランド品のような満足感を与えてくれます。強度は買ったばかりで試していませんが、宣伝しているくらいですし期待してもいいかなと。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが右側にきたのはいいんですが、SDカードスロットがPCカードスロットの丁度真下にあるため、PHS通信カードとかを使用していると、ちょっと取り出しに苦労しますね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
これは正直熱いです。基本的に自宅にいる際は常につけっぱなしにしているんですが、長時間稼動していると触る前から蜃気楼のような熱いオーラが漂ってきます・・・その分、冬の暖房となることに期待します。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさが前よりも小さくなっていて持ち運び性は非常にいいです。ケーブルの長さも前よりやや短くなったんですが、その分持ち運びやすくなっていると思います。ただ、これも長時間使っていると熱い、です。

◆ モバイル性
DVDドライブ内蔵でこの軽さでいて、比較的バランスがとれたこのパフォーマンスはそうそう見当たらないかと。持ち運び性は抜群にいいです。

◆ その他
FFXIはあくまで外出先におけるソロでの素材狩り、競売確認、合成などのちょっとした所要などに割り切ったほうがいいですね。少なくともBCやptでの狩りはかなりつらいのではないかと思います。ある意味獣使い向けかもしれません・・・

◆ 総評
web用、仕事用、趣味用に使う分にはほんと満足。ホイールパッドの便利さは慣れるとマウスを使うほうがイライラするほどに便利です。前モデルより微妙にクリックのボタンが小さくなっていますが、慣れれば問題ないかと。3Dゲームに関してはプレイ可能ということで、快適とはいい難いのが正直な感想ですが、この軽さのレッツノートで出来るということを評価したいです。発熱とsonomaのグラフィック性能にちょっと期待しすぎた点だけマイナスってところですか。