デル Inspiron 9300

GPU
GeForce Go 6800
◆ 購入のきっかけと価格
最近のノートは3D性能が高く、デスクトップよりコンパクトなので乗り換えることにしてみました。
ショップブランドはサポートに不安があったため、DELLでコンプリートケアも付けました。

◆ 実際の体感速度
ゲーム自体はすごく快適ですが、ロードに時間がかかります。HDDが100GBで4200rpmと遅いからでしょうか?
Windowsの起動も少々時間がかかり、ちょっとモッサリ感を感じることがあります。

◆ 液晶の質
WUXGAでメーカーはLGでした。上下の視野角はもうちょっと頑張って欲しいと思います。
画面は青白っぽいなぁと感じていましたが、i1 Display2でキャリブレーションしたら問題なくなりました。
しかし、キャリブレーションしたら若干暗くなってしまいました。
画面の反射が気になったので、CRYSTAL VIEW IIIを貼ったら綺麗で見やすくなりました。それでもざらつき感は少々残っています。

◆ キーボード
キータッチはあまりいいとは感じませんでしたが、剛性は十分です。キーの高さが低いようで、若干使いにくさを感じました。
3~4年くらい前に見たDELLのノートは、キーボードがプカプカしていて印象が悪かったので、それとは雲泥の差です。

◆ サウンド
内蔵スピーカーはノートとしては頑張っていますが、今はBoseのCompanion3を繋いで使っています。
ヘッドフォンで聞くとノイズが若干乗っているのが分かりますが、Companion3で聞いている分には気になりません。

◆ 筐体:強度と質感
細かいところですが、ラッチのフックの受け側が国産ならシャッターになっているので、その点がちょっとがっかりしました。
強度は申し分ないですが、質感は国産ノートの方が良さそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが6つもあり重宝しています。私はせいぜい4つしか使いませんが、それでも国産ノートならハブが必須なので、やはり便利です。
私は全く使っていないので気になりませんが、PCカードスロットが右側の手前にあるので、カードによっては邪魔になりそうです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
常時ファンが回っているようですが、デスクトップからの乗換えでは超静音に感じました。
発熱はヒンジ近辺は暖かくなるものの、キーボード周り~パームレスト部分にかけては熱くなりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
アダプタは大きめ、熱もずっと持つには辛いくらい熱くなります。

◆ モバイル性
ACアダプタに結束バンドが付いてましたが、この大きさではモバイル性は低いと思います。しかし、大きさの割には意外と重くないです。

◆ 総評
せっかくの性能もHDDの遅さがスポイルしてしまっています。これがなければ本当に快適なノートだと思います。
USのDELLのように、HDDの回転数を選べるようにしてくれれば嬉しいのですが。
細かいところで気になる面はありますが、ゲームの速さを体験するとそれらの面は吹っ飛んでしまうくらいです。