ドスパラ HeliosPro9700

GPU
MobilityRadeon 9700
◆ 購入のきっかけと価格
今まで使っていたのがWin95のLavieNXだったので、いい加減新しいPCが欲しいと思い、今年の初めに20万ほどで購入しました。

◆ 実際の体感速度
速いです。
実家にVAIOのデスクがありますが、比べ物になりません。
グラフィック性能以外は間違いなくノートの中では最速、デスクと比べても最速一歩手前って感じだと思います。

◆ 液晶の質
発色はまぁまぁです。
台湾製にしては結構がんばっているほうだと思います。

◆ キーボード
ふにゃふにゃで使い物にならないので外付けのキーボード使っています。

◆ サウンド
内蔵スピーカーにしてはがんばっているほうなんだと思うのですが、やはり所詮は内蔵スピーカーです。
安くてもいいのでスピーカーをつけて使うことをオススメします。
私は2.1chのCreativeのスピーカーをつけています。

◆ 筐体:強度と質感
液晶のヒンジの部分に亀裂が入りました・・・
保障期間内なので修理は問題ないと思うのですが、ほとんど液晶は開いたままで頻繁に開け閉めもしていないのに、半年で亀裂が入るってどういう強度だ・・・
そのほかは結構硬いんですけどね。。。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
全部裏側に配置してあってサイドがごちゃごちゃせず、いい感じです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
やはり3GHzのCPUなだけあって結構熱いです。
でも、低発熱、高性能のNorthwoodコアのPen4なだけあって、性能は高いので満足しています。
また、CPU温度が40以下まで冷却されると、48度あたりまで再度発熱するまでファンがとまってしまいます。
そのまま冷やせばいいのに・・・

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きすぎ!重すぎ!!熱すぎ!!!

◆ モバイル性
ほぼゼロでしょう。
これを持ち運ぶ気にはなりません。。。

◆ その他
起動時のBIOSチェックが異常に長いです。
ある程度までは一気にチェックが進むのですが、最後の「Mouse Inishalize」って出るまで下手すると1分近くかかります。
その後の起動は鬼なのにこれのせいでブートに1分半程度かかってしまいます・・・
なんなのこれ?

◆ 総評
半年前まではすべてにおいてノート最速のスペックだったこの機体ですが、今となってはグラフィック性能に関しては中堅って感じになってしまいました。。。
でも、まだまだ現役の機体だと思います。
NorthwoodのPen4 3.0Ghzは今主流のPrescottのPen4 3.2Ghzと同等のCPUベンチスコア出しますし。
まぁ私自体がそこまでゲームをしないので、この機体で必要にして十分、というか、オーバースペックです。
また、15型にUXGAのディスプレイはやりすぎではないかと。。。
字が小さすぎて見えません^^;
あと、以前ここの3DMARK03にスコア登録したときは4200程度のスコアだったのですが、ドライバを最新のもの(Catalyst 5.5ベースのDNA-ATI)に入れかえて今回測定したら、4700オーバーというスコアが出ました。
グラフィックチップのクロックも以前と同じにしています。
むしろ今回はCPUをOCしていないにもかかわらず、500近くのスコアアップです。。。
カスタムドライバってすごいんですね。。。
まぁ以前のドライバは日付が2004年3月とかでしたが(笑
付属のドライバ古すぎです。