ツートップ ViP ViP Note-LX P5330

GPU
GeForce Go 6800
・購入の動機
2005年に新型VAIO typeAシリーズの購入を考えていましたが、気に入るスペック仕様にすると40万円を超えてしまい他に変わる物を探していました。幸い近くにツートップがありましたのでそこを覗くと「ViPnote-LX 即納できます」の文字と展示機がありましたので実物拝見してこの機種に決めました。

・速度?
現在使っている機種がダイナブックG4/17PMEと比べると比較になりませんのでコメントができませんのですいません。CPUはマニュアルでは520から560まで対応していますが570でも問題なく作動するそうです(ショップ回答)。

・液晶◎
店頭で確認後購入しましたのでドット抜け等はありませんでした。明るさ、反応速度も十分ありDVD再生でもとても見やすいです。自宅の液晶テレビより綺麗です。

・サウンド◎
本体底にサブウーファを搭載し、キーボード左右に2つ全面に2つ計5個のスピーカーを搭載しています。比較的良い音質です。

・キーボード○
しっかりとした作りのため、たわみもなく適度なクリックもあり使いやすいです。

・ファンの音△
本体を裏返すとファンがメモリ部に一つ、GPU部に一つ、CPUに2つあり、CPUのファンが回るときに音がしますがG4と同じぐらいの音ですので私はあまり気になりません。静かなノートを使っている方ですと少しうるさく感じると思います。

・3D◎
3DMark03で7200以上が出ましたので全く問題がありません。動かないゲームがあるのでしょうか。

・総評○
拡張性(内蔵TVチューナー等)、性能については現時点文句の付け用がありません。外部接続端子も一通り装備しています。しかし、取扱説明書は英文です。セットアップマニュアルもありませんので初心者の方にはおすすめできない物と思います。また、内蔵HDDは本来シリアルATA用でソフトで現行IDEに対応しています(シリアルATA用ケーブル付属)。シリアルATAならもっとパフォーマンスが良いかもしれません。それに、とにかく重いし大きいです。アダプターも1リットル牛乳パックを縦半分にしたぐらいの大きさです。この機種は「これでもか」といわんばかりの機能を備えていますので大変気に入っています。