フェイス Progress M2

GPU
MobilityRadeon 9700
◆ 購入のきっかけと価格
LavieM(ペンⅢ版)を長らく使ってきたもののゲームなどで大いに不満が出てきたため買い替え。そんな時オークションでこれが出品されていたため落札。本体12万円にOSを購入しプラス15,000円。

◆ 実際の体感速度
7200rpmのHDのおかげかかなり早いです。前機種とは比べるまでもないのですが。

◆ 液晶の質
ベアボーンとは思えません。国内メーカーのミドルクラスに匹敵すると思います。

◆ キーボード
できは悪くないと思います。ただせっかくのワイド液晶ですから右側の窮屈な配置はどうにかならなかったのでしょうか。

◆ サウンド
鳴ればよい・・・と思っていたのですが・・・、これもよい意味でベアボーンとは思えません。

◆ 筐体:強度と質感
最大の利点だと思います。国内メーカーのモバイルノートと比べても非常に優れた質感だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
エッジを常用するのでSDスロットの位置が不満です。よって外付けメモリーカードリーダーが必須です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンはそれなりに回りますがそれよりも発熱が気になります。パームレストで感じるのでなおさらです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさ、発熱ともにそこそこだと思います。

◆ モバイル性
常時モバイルは気合が必要です。たまに持ち歩くくらいならよいと思います。

◆ その他
購入者のレビューを見るとタッチパッドの感度が悪いらしいのですが特に不満はありませんでした。前オーナーの購入日は4月です。

◆ 総評
いい意味でベアボーンのイメージを一新させるパソコンとなったと思います。
採点は熱でマイナス10、キー配置でマイナス5、SDスロットの位置でマイナス5ですが質感でプラス10、よって90です。