IBM ThinkPad T43P 2668-P2J

GPU
MobilityFireGL V3200
◆ 購入のきっかけと価格
多少重くても、入力し易く、剛性感があり、ファイナルファンタジーが出来るノートパソコンを検討していたら行き着いた。またいつかThinkPadを所有してみたかった願望も少しありました。
価格.comで比較検討し、本体256800円。同時購入で、標準バッテリー12600円、予備バッテリー4400円でゲットしました。その後、ファイナルファンタジーベンチの向上を図るべく+1Gメモリー(IBM中部センター23600円)を買い足しました。

◆ 実際の体感速度
安定感のある早さですね。今までのノートパソコンでは、休止状態から復帰させたり、起動直後は、不安定な時がありましたが、これは安定してますね。
スペックに見合った速さかどうかは分かりませんが、いざというときにもたつかない速さがストレスを感じさせず、大変気に入ってます。
過去報告された方で、4000オーバーの方がいらっしゃり、メモリーを増やされていたので、私も+1Gとしましたが、効果はありませんでした。どうしたら、4000オーバーが可能か(ちょっとした違いですが、大台を越えたいものです。

◆ 液晶の質
ドット抜けもなく私は満足しています。欲を言えば、静止画・動画も見るので、もう少し光度があればと思うときもありますが、高解像度で仕事でエクセルの表を作成・閲覧する時には大変見やすく便利です。
強いてあげれば不満ですが、通常では満足してます。変な日本語ですみません。

◆ キーボード
今までいろいろなノートパソコンを乗り換えてきましたが、これは本当に良いですね。入力ミスもなく、入力が本当に苦にならなくなりました。これは今後もこうあって欲しいと思います。

◆ サウンド
ボリュームボタンが単独であるのは良いですね。このアナログでの調整は、なんともストレスを感じません。

◆ 筐体:強度と質感
本当に、硬いといった質感でしょうか。確かにPCカード部分や、ドライブ部分の空洞箇所は?というところもありますが、天板の肌触りもなんとも不思議な感触で、無骨でありながら、センスの良さを感じ、私には所有感を大変感じさせます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
エクスプレスカードは今のところ使い道もなく、PCカードの2枚挿しのほうが、SDアダプターがさせるので、私的には良いのですが。後、USBももう一つ右側にあると便利ですね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
東芝のLX190、VAIO Sシリーズと乗り歩いてきましたが、本当に熱かったです。この機種も評判では熱いと聞いておりましたので半ば覚悟してましたが、キーボードや、パームレストに不快な熱は全く感じられません。どうして熱いなどと話題になるのか分からない程ですが、3Dゲームなどをがんがん暑い時期に一日中フル稼働させたりすればなのでしょうか(笑い)。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
小さいほうではないでしょうか。発熱はやはりそれなりにしてますが、使用には関係ないので気になりません。

◆ モバイル性
デイバックスタイルで移動している為、肩掛けタイプとは違い、重さを感じません。また少しでも軽くするため、予備のACアダプターを会社にも置いており、通常は本体のみを持ち歩いてます。出張でもない限り、標準バッテリーを使用してますが、3時間弱持つので私の使い方では、ACバッテリーなくても十分です。今周辺機器がお買い得なので私は、バッテリーチャージャと、大容量+標準セットバッテリー+スリムベイ内蔵バッテリーを買いました(今のところ出番はありませんが。。。)。

◆ その他
タッチパッド類が良く出来ているので、マウスは必要ありませんが、折角ブルーツースが内蔵されているので、ブルーツース対応のマウスを購入しました。USB対応のワイヤレスと違い変な出っ張りもなくスマートです。
また本当に役立つオリジナルのソフトが充実しており、特にソフト支援は、アップグレードを自動でしてくれてとても便利です。

◆ 総評
2006年春モデルが出る中、夏モデルにもかかわらず、現状でもスペック的には、未だに上位であり、SDスロットがない、USBが2つかない等、拡張性に若干の不満はありますが、大変気にいってます。