デル Inspiron 6000

GPU
MobilityRadeon X300
◆ 購入のきっかけと価格
しばらくの間実家に戻る事になり、FFXIをプレイ出来るノートパソコンがほしかった。なるべく安く、なおかつFFXIが普通にプレイできるものを調査・検討したところ、デルInspiron6000がキャンペーン(12月初旬)で安い上に、いくつかのパーツをアップグレードすれば行けそうだったので購入した。
※CPU(ペンティアムM1.73GHz),グラボ(M.RadeonX300 128MB)にアップグレード。価格は税込みで139,405円。

◆ 実際の体感速度
使い始めて間もないが今のところ特に遅すぎると感じたことは無い。FFXIがスムーズに動いたので驚いた。いつも使っているデスクトップ(ノースウッド3.06GHz,Radeon9600XT)とFFベンチv3のスコアがほぼ同じだったのでデスクトップにつぎ込んだ金額を思い泣きたくなった(笑)。
ジュノ下層の競売周辺でも重くなることは無い。
大人数が参加する戦闘シーンなどはまだ試していない。

◆ 液晶の質
液晶は一番下のグレード(1200×800)を選択した。メイン機でデル24インチ液晶を使っているが、それに比べるとコントラストや周りの光に弱いと感じるが、十分実用に耐えると思う。24インチの出来が良すぎる。

◆ キーボード
Delキーや、PageUP・PageDNキーが遠くて使いづらい。キー入力の感触は特に問題ない。
テンキーはない。

タッチパッドが手元から遠くて使いづらい。手首の部分を机の上に置くと遠くて誤操作を起こす事がある。手首を筐体に乗せて使う設計のようだ(手首を乗せるスペースは十分にある)。
個人的には、Fnキー+何かのキー で上下左右・ページアップダウンができるようにして欲しかった。ホームポジションから指を離さないといけないのでブラインドタッチが途切れてしまうのが嫌だ。

◆ サウンド
内蔵ステレオスピーカーは筐体内の反響も考慮されてなかなか良い音を出す。

◆ 筐体:強度と質感
筐体はしっかりとした作りで安心感がある。質感もまぁまぁ。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不満は無し。USBのポートが4つあるのがうれしい。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
長時間使用していてもほとんど熱くならない。騒音もこれといって目立たない。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタはそこそこ大きい。発熱はほとんどない。

◆ モバイル性
筐体は大きい。自分はデスクノートだと思っているので、外に持ち運びする事は考えていない。外に持ち運ぶならスリムA4ノートかB5ノートをチョイスしたほうが良いと思う。

◆ その他
現在引き取り保障が3年から4年に延長されている。
筐体前面に再生ボタンなどメディアボタンがあるので便利。しかし音楽や動画を再生しているアプリがアクティブでないとボタン操作が反映されないのが残念。以前デスクトップで使用していたメディアボタン付キーボードはどんな時でもボタンに反応したのでとても便利だった。

◆ 総評
目的のFFXIが普通にプレイできる上に安く購入できたので満足している。
14万でこの性能のノートパソコンが買えるとは良い時代になったと思う。特にデルは、うまくキャンペーンを利用するとさらに安くなることがあるので、これから購入を考えている人はチェックしたほうが良いと思う。