マウスコンピューター nextgear-note M3100FG

GPU
MobilityRadeon X700
◆ 購入のきっかけと価格
使っていたデスクトップが壊れてしまったため
今度はノートにしてみようと思いました。
多少ゲームもやるので3D性能にも拘って検討した結果このモデルにしました。
22万円程度。

◆ 実際の体感速度
PenMのお陰かとてもキビキビ動いています。
HDDは4200rpmですが起動時にもたつくこともなく
満足しています。

◆ 液晶の質
光沢液晶は鮮やかで、DVDの再生も以前デスクトップで使用していた
液晶モニタより綺麗に見えます。
しかし、上下の視野角が非常に狭く、角度を調整しても
画面の上と下では明るさや色味が変わってしまいます。
キーボード中央に指先を乗せて腕をいっぱいに伸ばした位にまで
モニタから距離をとってやっと気にならなくなる程度で
これ以上近付くとダメです。
とても残念な点です。

◆ キーボード
ふにゃふにゃです。全体的な剛性もありません。
キーを強く押し込むとそこを中心にキーボードが緩く凹みます。
個人的にはキーストロークがあとほんの少し短いと
ノートタッチ向きにいい感じになって
安っぽさを誤魔化せるのではと思いました。

◆ サウンド
スピーカーはとりあえず音が出る程度のものです。
ヘッドホンを接続して聴くと、プツ…プツ…という
耳障りなノイズが定期的に入ります。
ヘッドホンをメインに使う自分としては減点対象です。

◆ 筐体:強度と質感
強度はありません。筐体の両端を手で持ち上げると簡単に捻れます。
成人男性ならば素手で容易く破壊できるでしょう。
質感はプラスチックそのままですが、シンプルで特に不満はありません。
個人的には白い筐体は気に入っています。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクタの天地が逆です。
ヘッドホンその他のオーディオ端子が前面にあるので接続するとコードが邪魔です。
後は特に問題はありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
パームレストは冷たいですがキーボードは常に暖かいです。
アイドル時や低負荷時は静かですが、アプリ起動時や高付加時には
ファンの回転数が上がりとてもうるさいです。
騒音といっても差し支えないレベルです。
そしてそれを上回る光学ドライブの動作音はかなり聞き応えがあります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
据え置きなので大きさ・発熱ともにそれほど気になりません。
触ると暖かい程度です。

◆ モバイル性
重量はメーカー公称値約3.27kg。
実際に持ってみてそれ程重いとは感じませんが
積極的に持ち運ぶ重さでもありません。

◆ その他
PenMとM.RADEX700は流石に性能が高く
FPS等高負荷の3Dゲームをやらない自分にとっては十分過ぎます。
しかし、同じPenMとX700を採用した同社のm-Book GPシリーズと
仕様を比較しても最大メモリ搭載量に差があるだけで
ゲーミンググレードを謳う根拠がわかりません。
実際に使い比べてみないと判らないものなんでしょうかね?

◆ 総評
体感速度やベンチマーク等動作面に関しては期待以上でした。
しかしノートPCというモノの完成度に関しては正直がっかりです。
これは余談になりますが、最初に送られてきたときにはモニタの不良で
バックライトの光が画面左端から少し漏れてきていました。
DVD再生時に画面のその部分が暗くならないとわからないので
出荷時のチェックで気付かなくても仕方がないか、と思い修理に出しました。
その部分は直って戻ってきたのですが
今度はモニタを閉じたときにスライド式のロックが指では開けにくく
爪で引っ掛けるようにしてやらないといけないほど固くなっていました。
もう一度送り返すのは面倒だったので目を瞑りましたが
2度とMCJの製品を買うことはないだろうと思いました。
筐体は調べてみた感じCLEVOっぽいのでここの製品にも気をつけます。