エプソンダイレクト Endeavor NT9500Pro

GPU
MobilityRadeon X1600
◆ 購入のきっかけと価格
今までThinkPadT42をメイン及び持ち歩き用に使っていたんですが、昨夏にLet's note CF-W4を購入したので
今後2年ほどメインで使えるノートが欲しくなったので購入しました。
何よりクーポンに当たったのと納期が大きな決め手でした。
特に納期は旧正月休みで出張先の中国から日本に帰っている間に入手するために重要視しました。

 CPU T2500(2GHz)
 MEM 2GB
 HDD 100GB
 液晶 15型(SXGA+)
 DVD スーパーマルチドライブ
 無線LAN有り
 OS WindowsXP Pro(SP2)
 保険に2年ピックアップとGoldワランティ2年間

上記の構成でクーポン及びハイスペック割引を使って送料、税込みで287,595円でした。

◆ 実際の体感速度
現時点でT42と比較して速いと実感した事は殆ど無いです。
3Dのゲームをすれば勿論違いが出ると思いますが、ゲームは2Dの物がメインなので殆ど違いが分かりませんでした。
今後デュアルコア対応ソフトが増えてからですかね。

◆ 液晶の質
正直液晶は期待してませんでした。
以前NT7000Proを使用していたのですが、私の眼にはその頃とほぼ同じ
明るさとかはそんなに悪くないんですが視野角が相変わらずな感じです。

◆ キーボード
通常使う分には特に不満点はないです。
但しT42と比較するとやっぱり落ちるのは否めませんが。

◆ サウンド
スピーカが手前下にある為か音が籠もったように聞こえました。
現在はSound Blaster Audigy2 ZS NoteBookに外部スピーカを付けてます。
そのおかげでサウンド環境はかなり改善されました。
あ、ノーマル状態もそんなに悪くは無いですよ、ノートとしては。

◆ 筐体:強度と質感
可もなく不可もなくです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
多分殆どの方が思われると思いますがUSBが4つ固まっているのが不満です。
また背面というのも原点対象ですね。
USBをつけるのに手間取ります。最低2つは側面に付けて欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンの音は通常作業時は殆ど気になりません。FF11ベンチ時も気になりませんでしたし。
さすがに3DMark系のベンチは結構回りましたがBGMがあれば、問題ないレベルだと思います。

発熱はキーボード及びパームレスト右側が暖かくなる程度でしたが、Sound Blaster Audigy2 ZS NoteBookを
増設後はそこそこ熱を持つようになりました。また底面は結構熱を持ちます。
成田空港で1時間20分程脚の上にソフトインナーケースを敷いての使用で最後の方は熱く感じました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
アダプタは大きいですね。
T42よりひと回り以上大きいです。
発熱に関して全く問題ないです。

◆ モバイル性
出張先の中国にリュックサックで担いで持っていきました。
ま、そんなに歩いたり立ったりしている時間は無かったので苦にはなりませんでした。
でも毎日持ち歩こうという気にはとてもなれませんが。

◆ その他
成田空港で1時間半ほど時間がありバッテリーの持ち具合もチェックしました。
作業内容はダウンロードしたHPの閲覧と2Dのゲームで、1時間20分程使用してバッテリーの残りは23%でした。
カタログスペックで2時間半なのでこんなもんですかね。

ベンチマークをしていて3DMark05とFF11ベンチは納得いく数字なんですが、3DMark03の値が低いのがちょっと気になってます。
最初はベンチマークを取った環境が違うからかと思ったんですが、その後取り直しても同じような結果でした。

◆ 総評
M.Radeon X1600の性能がちょっと弱く感じましたが概ね満足できる買い物でした。
液晶さえもっと良くなってくれれば評価はもう少し上になるんですけどね。
あとノート自体の評価は80点ですが納期の評価を加えると90点に上がります。
今回、エプソンの納期保障サービスで本当に助かりました。