エプソンダイレクト Endeavor NT9500Pro

GPU
MobilityRadeon X1600
◆ 購入のきっかけと価格
使用中のデスクトップはTV録画や、仕事で使うファイルサーバー状態の24時間フル稼働なので安定性を求めてゲーム類を削除することに。
ノートパソコンで、FFがしたくて購入。
23万2575円で購入。

◆ 実際の体感速度
早いです。ゲーム専用機にはもったいないぐらいです。

起動が少し遅いような気がします。
Inspiron 2200 (Cele M1.3 512MB)の方が起動が速いです。

◆ 液晶の質
注文時にワイド液晶がなかったので、ノーマル15型SXGA+にしました。
デフォルト状態では予想以上に黒色が弱いような気がします。
視野角が狭いような気がします。
ビジネス用に他人からののぞき見を防止するためなのでしょうか?
ドット欠けもなく、概ね良好。

◆ キーボード
Fnキーと Ctrlキーの位置が今まで使ってきたパソコンと比べて逆なので、個人的には使いにくいです。

◆ サウンド
低音が弱いような感じです。
・・・がノートパソコンではあまり期待していなかったので合格点だと思います。
気になる方は、外部接続のスピーカを検討してみると良いかもしれません。

◆ 筐体:強度と質感
特に問題はないと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
ACアダプターとパソコンをつなげる端子が、L型なのでかなりうれしい仕様だと思います。
狭い場所ではI型の端子は意外と奥行きをとるので困っています。(私の買ったDell製のノートパソコン)

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
大変静かです。FF使用時も特に気になりません。
キーボードの上に書類を数分置いておくとかなり暖かくなるので、夏場のキーボードカバー使用時は冷却アイテム(冷却台等?)を使用するのが良いと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
現在使用しているDell製のパソコンよりACアダプタは小さく発熱も気になりません。

◆ モバイル性
筐体が予想以上に薄く、カバンに入れ易いかもしれませんが持ち歩きには向かないと思います。

◆ その他
個人的にはタッチパッドとクリックボタンはもう少し下の方にあった方が使いやすいのでは?と思います。
音楽CD用のボタンを間違えて押さないように、少し上の方にあるのかもしれません。

◆ 総評
購入の決め手は、発注から商品が手元に届くまでの時間の短さでした。
前回購入のDell製のノートパソコンは約2週間近くかかりましたが、2、3日で届きました。

仮に壊れた場合もメーカーとすぐにやり取り出来そうなので決定しました。
Dell製のパソコンは嫌いではありません。
今まで2台購入したこともあり、好きなメーカーなのでノートパソコンも検討しました。
GeForce Go 7800 GTXモデルがあれば間違いなく購入していたと思います。
性能差が少ないと予想の上、Endeavorを選択。
しかしながら、コストパフォーマンスはDell社の方が上だと思いました。
時は金なり主義なので納期の短いEPSONをチョイスして満足のいく買い物をしたと思います。