ソニー VAIO VGN-SZ90S

GPU
GeForce Go 7400
年末にマウスのm-book GWを買ったばかりだというのに、性懲りも無くSZを買ってしまいました。

CESでの写真を見たときは「のっぺりしてて平凡なデザインだなあ」と思い、こちらの掲示板でも
そんなことを書きましたが、実物を見て、そのシャープなデザインと質感に参りました。
また、モバイルながらT2600を積めるマシンというのも今のところこれしかなく、ハイブリッドグラフィックシステム
というギミックにも興味をそそられ、購入を決意。

FFベンチは特にデュアルコアに最適化されていないようですが、SZのベンチ結果はtypeSのPenM780での数値より伸びています。
Go7400と併せて確実に進化しているようです。
また、騒音や発熱も気になるレベルのものではなく、ベンチや3Dゲームの高負荷時でなければ大人しいものです。
キーボードについては、ストロークが深くてタッチが独特な感じで、若干のたわみ感もありますが、個人的には許容範囲でした。

3Dゲームに関しては、例によってDoom3とQuake4を走らせてみましたが、どちらもUltraQuality、800×600、AAx2
という設定で十分満足のいく動作でした。ただ、Quake4については、リリースされているデュアルコア(HT)向けのパッチ(v1.05Beta)
を当てたところ、動作がややカクついたため、v1.04に戻しました。1.05はBeta版なのでまだ最適化が十分でないのか、正直よく分かりません。
Quake4はぼんぞには鬼門なのかもしれませんw

その他、某巨大掲示板でも細かい不具合が報告されていますが、ぼんぞの場合もAirHのドライバーの認識に失敗し、またオンラインユーザー登録も出来ませんでした。

多少の不具合は割り引いても、2Kg未満のモバイル機ではダントツの高性能機で、十分に満足のいくマシンだと思いました。