ソニー VAIO VGN-SZ90PS

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
一目惚れです、外見も内面も(笑)
持っていたLet's note R3の液晶が小さい、キーボードが打ちにい、
機体が熱いという部分に悩み、買い換えを考えてところにSZの発表。
渡りに船でした。

◆ 実際の体感速度
ムチャクチャ速いです。
やむを得ない事情でR3でレンダリングやエンコードをしてましたが、
SZの処理速度の速さに思わず笑ってしまったほどです。

◆ 液晶の質
綺麗でかなり良いと思います。
私は映り込みのあるテカテカ液晶は駄目派だったんですが、
これはそこまで気になりませんね。
某巨大掲示板で言われている、液晶が青っぽい?というのもよくわかりません。
フシアナで良かったです(笑)

◆ キーボード
柔らかいですね。
ストロークが他のノートより深いので、更にそう感じるのかもしれませんが。
好き嫌いが分かれそうですが、私は新鮮で好きですね。
前がR3だったので、尚更打ちやすく感じます。

◆ サウンド
このクラスのノートに多大な期待は寄せていなかったので、まあこんなものかと。
ちょっと音がこもってるかな?
スピーカーでは、ボリュームはあまり上げない方がいいですね。
私自身は、音がよく聞こえるだけで大満足ですが。
(R3はスピーカーが底面で聞こえづらい)

◆ 筐体:強度と質感
質感は高いです。
パームレストも格好良くて、Felicaの継ぎ接ぎもそれほど気になりません。
強度は軽量化に力を入れている反面、ちょっと心配です。
特に液晶側とDVDドライブは、かなり気を遣いますね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
だいたい後方についていて、作業の邪魔にならないので◎

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンが回っても静かですね。
SPEEDモードでも負荷をかけないと回りませんし。
これくらいなら我慢できますし、キーボードが熱くなって打てなくなるより
全然いいです(笑)

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
モバイルノートとしても謳っているのに、このACアダプタのデカさは…。
すぐにDIATECのACアダプタを買いました。
問題なく使えますので、重いとお嘆きの人は購入を考えては如何?

◆ モバイル性
薄く軽く、R3ほどではないですがモバイル性は高いです。
ただデカいので、かさばりますね。
ですが、このスペックのマシンを持ち運べるという利点に比べたら、
全然我慢出来るレベルです。

◆ その他
無線LANが筐体のスイッチでON/OFF出来るのは便利ですね。
SDカードなどに対応したカードリーダーを付属しているのも好感触。

◆ 総評
SZが初VAIOなんですが、大当たりでした。
独特なキーボードの感触が気にならなければ、自信を持ってオススメ出来るマシンです。
ただ、先にも書きましたが、軽量に比重を置いた為か、筐体の剛性面に不安を覚えました。
DVDドライブは丁寧に扱ってあげないとすぐ壊れそう。
派生モデルなので、実験機の役割を担っている部分もあると思いますが、
この初代機を経て更に完成度を高めて欲しいです。