ソニー VAIO VGN-SZ90S

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
私より先に友人が購入したので、代理で登録させてもらいます。
スペックはプレミアムモデルで XPHome T2300(1.66GHz) メモリ1GB HDD80GB BT/FeliCa無し
カメラ無し 指紋センサー有り ワイド保証 総額 228,150円
購入理由は「持ち歩けるサイズで高性能。ついでにFFを外でしたい」とのことです。

◆ 実際の体感速度
デフォルト状態でも十分すぎる処理能力があります。
動画のエンコードをしてもらいましたが、同じクロックのPentiumMを
2倍以上も上回る速さで処理が完了しました。
ただ、HDDにアクセスが多いソフトでは当然ですが多少のもたつきがありました。
それでも表示などが早い為、全体的にキビキビとした印象です。
モバイルノートでは最速の部類に属するのではないでしょうか。

SPEEDモードでFFベンチをしたところ3800近くと優秀な成績を出しています。
実際に動かすと、人の多いところではコマ落ちしますが
それ以外の場所では問題ないと思います。
モバイルノートならかなり上出来です。

◆ 液晶の質
優秀な液晶パネルを使っていると思います。
非常に発色が綺麗ですね。
表面が少しザラザラな感じはしますが、その為か蛍光灯の反射が少なくなっている感じです。
表面のコーティングが良いのか黒の締りがなかなか良いかと。
輝度は室内で使う分には十分すぎるほどに明るさがあります。
2つほど輝度を落としても大丈夫そうです。
また、液晶下部よりぼんやりと発光があるとのことですが
ほとんど目立たないので問題なさそうです。

◆ キーボード
SZ唯一の弱点はこのキーボードかもしれません。
慣れればいいのでしょうが、少し触っただけの感想で言えば
押し込んだ感触が鈍くふにゃふにゃです。
また、キートップが台形?でないのか指に突っかかる感じがします。
キー自体は大型なので打ちやすいですが、形が良くないのでしょうね。
全体的にグラつきがあるもの難点でしょうか。
特にエンターの揺れはなかなかものです。
友人も慣れるまで大変そうだと語ってました。

◆ サウンド
さすがSoundRealityです。
ヘッドホン出力はノイズがまったく無くクリアな音質です。
スピーカーの音質は並といったところでしょうか。

◆ 筐体:強度と質感
強度・質感ともにかなりのものです。
液晶の見た目こそは薄く折れやすそうな感じですが
カーボン素材を使っているためなのか丈夫そうでした。
パームレストは金属製で高級感があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に問題は無いかと思います。
友人はUSB端子が4つ欲しいと言っていました。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
この筐体でよくここまで発熱を抑えたなという感じです。
エンコード直後でもパームレスト部分は人肌程度の温度でした。
ファン音は左後方にあるためかそこまで目立ちません。
負荷が少ないときは動かないので非常に静かです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
本体に似合わず、大き目ののACアダプターです。
友人は問題ないと言っていますが、私個人としては持ち運ぶときに
邪魔になりそうな感じはします。
発熱などはなさそうです。

◆ モバイル性
薄型なのでバッグへの収納性は良さそうです。
むしろACアダプターが邪魔になりそうな感じがします。
重量は片手で持てる程度なので苦にはならないでしょう。

◆ その他
気のせいかスピーカーの音程がずれているような・・・・
個体差があるのでしょうか。

◆ 総評
実機を見ると気になる点はいくつかあるものの、モバイルノートとしてはとてもいい製品です。
私も早く購入したくなりました(笑)

総合評価の95点は友人の採点です。
私は90点を上げたいですね。

マイナス2点はACアダプターです。
大きさを押さえてもらえればなお良かったと思います。

マイナス8点は皆さんもそうですが、やはりキーボードです。
打ちにくいわけではないのですが、最近の機種であまり無い長めのストロークで
違和感がありますね。

しかし、VAIOシリーズの中ではもっとも丁寧に作られたモデルという感じがしました。
処理能力・質感・セキュリティ・そしてデザイン
なかなか両立させることの難しい分野を見事にまとめ上げています。

唯一の弱点であるキーボードが改善されれば、春モデルでもっとも優れたノートではないでしょうか。
他人へ自信を持って薦められるモデルです。

#来月購入する予定です。購入したらレポート書くと思うので宜しくお願いします。