ソニー VAIO VGN-SZ90PS

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
はじめまして。据え置き用としてコンパクトで高性能なものを探していて
ちょうどこれが発売されましたので購入してみました。
据え置きなのでもっと大きいノートでもよかったのですが、小さいもの好きなもので・・・。
色々と考えつつこのサイトを参考にさせてもらい、決断しました。
構成は、WinXP Home、ブラック(カーボン)、Core Duo T2300、メモリ1GB、
HDD80GB、Bluetooth、USキーボード(ブラック)で225800円でした。
オプションでBluetoothマウスも購入してみました。

◆ 実際の体感速度
前に使っていたデスクトップがPenM740なので、
スピードは少し速くなりました。
反面、ハードディスクのアクセスに関してはデスクトップに比べると
回転数が落ちてますので、ややもっさりです。が、許容範囲内です。

◆ 液晶の質
良いと思います。私はド近眼なのでくっきりはっきりしてる方が目が疲れません。
デスクトップの液晶は三菱のRDT1711Sだったので・・・グレードアップ感があります。

◆ キーボード
ノートの弱点として現状私の考えではキーボードとハードディスクだと思っています。
例にもれず、このキーボードは形状があまりよろしくないと思います。
デスクトップではキーボードはこだわっていたので、
さすがになれるまでに時間がかかりそうです。
ミスタイプが結構増えてしまいました。隣のキーに指がひっかかってしまう感じです。

◆ サウンド
どう判断するかで評価が変わるのですが・・・。
昔のノートに比べるとかなり音自体は良くなっていると思います。
ヘッドホン出力のクリアさはなかなか好感触でした。
が、スピーカーはノートのそれと言った気がします。
私は音響で飯を食ってますのでここのコメントは控えさせてもらいます。
ひとつだけ言えるのはこだわる人は素直に外付けスピーカー、でしょうか。
現在はINDIGO I/OとKRKで聴いています。

◆ 筐体:強度と質感
質感は予想以上に良かったです。高級感があります。
強度は並でしょうか。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2つというのは若干辛い気がします。
まあそれを見越してマウスはBluetoothにしましたが・・・。
コネクタの位置は、まあこれが限界でしょう。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
PenMよりTDPが高いので熱くなるのかな、と思ってましたが、
予想よりも熱くなりません。好感触です。
ファンも予想よりはうるさくありません。
PenMデスクトップより静かです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
この筐体にこのアダプタの大きさは・・・と思ってしまいました。
持ち運ぶのには若干苦労しそうな大きさです。
私は据え置きなので移動させることはありませんが、
それでもこの大きさは少し設置するのに戸惑いました。
ACアダプタは社外品で対応のものがあれば交換したいです。

◆ モバイル性
本体は持ち歩くのにさほど苦労は無いと思います。
ネックはやはりアダプタでしょう。

◆ その他
Bluetoothのマウスがなかなか良かったです。
ワイヤレスは初めてなのですが、キビキビ動いていい感じです。
しょっちゅう認識外れたりするのかな・・・と最初は怖かったのですが、
今のところそういう問題は起きていません。

グラフィックの切り替えに関しては私は特に問題ありません。
というか、据え置きなので常にスピードモードです。
ゲームに関してはデスクトップがRADEON X300SEだったのでかなり速くなりました。
それ程重いゲームをやるわけではないのですが、
GUILD WARSでカクカクしていた所がスムーズになり快適です。

◆ 総評
全体的に非常に良い出来だと思います。
ただ購入時期としては若干??と感じました。
Vistaがリリースされてからでもよかったかなぁ・・・と思ってます。
私はデザインにこだわるのでこの機種は正解でした。
前に505EXTREMEを使用していたのですが、これに勝るとも劣らないいいデザインです。
マイナス点としてはキーボードで-10点。
USB数、HDD、スピーカーに関しては元々期待はしていませんでしたので
特にマイナス評価にはなりません。
希望を言えば・・・これに地デジTVチューナーが付いていれば・・・
そうですね、30万出しても買っていたかもしれません。。
評価は120点になっていたでしょう。さすがに無理でしょうか。。