ソニー VAIO VGN-SZ90PS

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
現使用T42の重さが出張では辛くなってきた為。
SZ90PSの前記スペック、その他はHDD80G・指紋認証・ワイド保証で28.8万。
SonyStyleで購入。納期は金曜木曜発注、翌水曜着。

◆ 実際の体感速度
ボトルネックになるディスクを重視しています。
P4-3.0Mhzのデスクトップもそうですし、T42はHDDを7.200rpmに換装済み。
その為か特別速いという印象はありません。
逆に言えば、デスクトップと同じ感覚で使えますので速いのかな。

◆ 液晶の質
ここが悩みどころでした。
あからさまな光沢は仕事上眼に辛い、但し店頭で見たクリアブラックは好印象。
SZ90Sではなく、90PSを選んだのは光学ドライブを考えれば価格差が少ないという事に加え、液晶の選択肢がない事だった事もあるかな(笑)

◆ キーボード
ペタペタです、安物っぽいです。こちらのレポートでも店頭でも判っていましたが。
しかし薄さを考えればストロークは取れないし、こんなものかと。【-5点】
色はブラックです。これは正解だったと思っています。

◆ サウンド
スピーカ、ヘッドフォン共に同じ価格帯の他機種と比べて良いと思います。
ヘッドフォンで聴く事が多いのですが、クリアです。

◆ 筐体:強度と質感
質感は◎
強度は不安ですね。パームレストあたりが特に。
ここを持つことが多いので割れないか不安なくらい(笑)
T42と比べてはいけないのでしょうが、軽さとトレードオフにしてもやりようはないのかなと。【-10点】
※ 光学ドライブのトレイ部分、仕方のないことですが取り扱い要注意です。【-5点】
他の部位は合格点。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
慣れかもしれませんが、電源プラグが右側なのは違和感有り。
USBは左にも1つ欲しいですね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
家では膝(もも)の上で扱うことが多いですが、気になりません。
ファンの音は静かな部屋では結構気になりますね。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
巨大!
あなたは一昔のDELLかhpですか?と問いつめたくなります。
もっとも、このサイトで散々読んでいたので着日の会社帰りにDIATEC製(19V)を購入済みでした。

純正はオフィスに常備に。

◆ モバイル性
バッテリーのもちは、東京-大阪間移動中にレポートを仕上げ、現地で1時間程度のプレゼンといった使用では充分です。

ノートやファイルの間に挟んで楽に持ち運べます。軽くて薄いPCは素晴らしい!

◆ その他
13.3型WXGA(1280×800)は窓を複数開いての作業でとても便利です。
しかしそれもあくまでモバイル時。仕事上デスクトップの代替としては、T42のインターフェイスが優秀で手放せません。

遊びではFF11やFEといったMMOをやっていますが、前記Pen4-3GHz+Radeon9800と比べても違和感はありません。

◆ 総評
買って満足しています。
いろいろ「こうだったら」という部分もありますが、モバイルという状況では記載した内容の働きを充分こなしてくれます。

3年間はがんばってもらいます(その為の最高CPUスペックですし!)