Lenovo ThinkPad T60p

GPU
MobilityFireGL V5200
◆ 購入のきっかけと価格
一度はT60をキャンセルしたもののやはり?発売されて欲が出た。
ぎりぎりまでpかどうか迷ったものの特攻決定。ニッシンバルで367800円。

◆ 実際の体感速度
自宅のデスクトップとの比較(Athron64 3000+、512MBRAM、RadeonX600Pro256MB、120GB7200rpm)ですが大きな差はないものの所々で早くなっていると思います。また複数の処理をさせていてももたつきがかなり軽減されています。

◆ 液晶の質
14.1インチSXGA+の液晶ですが凡庸だと思います。

◆ キーボード
タイピング時の剛性、タッチ感、キーの硬さどれもかなりよいと思いました。
WINキーについては・・・別に気になりません。

◆ サウンド
一応、ビジネスノートですから期待してはなりません。

◆ 筐体:強度と質感
これも優れていると思います。強度的に不満はなし、質感も高いと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
PCスロット側にUSBがひとつ追加されたのはよいと思います。ただ左のUSBは固まっているため使いにくいと思うこともあります。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱は、ほとんど感じることがありません。ベンチマーク等を徹底的にまわせば多少は持つもののキーボード側への発熱は皆無です。
ファンの音は、実は結構回っているのですが恐ろしく静かに回っているのでよく聞かないと分からないと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
思ったより小さいですね。発熱は普通かと思います。

◆ モバイル性
やや大柄で、意外と重いのですが持ち運び自体は安心してできると思います。
ただ軽さではSZに完敗していますのでモバイルメインの高性能ならそちらのほうがよさそうです。

◆ その他
掲示板でFFベンチが低い、といわれていますが私もそうです。がGAELはウルトラモードフルオプション、SXGA+でも快適に動作(ただし液晶の大きさの問題で実用性は低いが)、おそらくは特定のゲームと相性が悪いのでは・・・と思いたいですね。このゲームといえど発売当時ではRadeon9700クラスでも多少の妥協が要求されたもののもはや2年経過、これだけでは結論は出せません。

◆ 総評
文字通り「特攻」したわけですがクオリティは非常に高いと思います。3DゲーミングノートとしてみるとFFベンチで問題発生、35万を超える高コストとあまりおすすめはできませんがキーボードや剛性などものとしては非常によいと思います。
間違いなく最強のA4モバイルです。性能、値段、すべてにおいて。
点数の足りない5点分は、大容量バッテリーのセンスの足りなさです。キープコンセプトだからでしょうか?
あと、GPUはV5200ですので。