デル Precision M20

GPU
MobilityFireGL V3100
◆ 購入のきっかけと価格
会社の開発用マシンです。
既存マシンが2001/02/21購入で、スペック的にさまざまな作業が厳しくなったため。

2006/02/21に購入(うわっ偶然・・・ぴったり5年ですね)
キャンペーンで10万円OFF+ディスカウントクーポンで15%OFF+配送料無料のコンボで税込200,599円でした。

保障に関しては3年間オンサイトサービスのみで、コンプリートケアはつけませんでした。

◆ 実際の体感速度
HDDは100GB/7200rpmのモデルです。[Hitachi HTS721010G9AT00]でした。
いわゆるもたつきは皆無ですね。

ソフト開発をこのパソコンやってます。

◆ 液晶の質
14.1インチ液晶SXGA+ディスプレイは、派手さはないですけど落ち着いた感じ。
ハードに使うことになるので、どのぐらいでヘタるかが気になるところ。

◆ キーボード
フルキーボードとほとんど同一で大満足。
Fnキーが邪魔にならない。
Aを押そうとして間違えてCaps Lockを押すミスタッチもありません。

◆ サウンド
しょぼいです。
ヘッドフォン使用時もノイズが激しい。
新幹線移動中にTV録画しておいたものを見ようと思っていたのでちょっと残念。

◆ 筐体:強度と質感
DELLのA4ファイルサイズの筐体ですね。
ぱっと見、ワークステーションモデルには見えない。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右側面: USBポート×2 DVD-ROMドライブ(マルチドライブベイ)
左側面: PCカード ヘッドフォン マイク IrDA
背面: VGA シリアル パラレル TEL USB×2 S端子 LAN

私的に最高です。
ベストな位置にちょうどいい数が配置されています。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
使用用途ではほとんど800MHzで稼動するため、発熱も少なく、ファン音も気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
国内メーカーのと比べれば大きいですね。
13.7cm×5.5cm×2.8cm うちのLaVieMやLaVieGタイプCのACアダプタより一回り大きいです。

◆ モバイル性
2.2kg これが重いか軽いかは微妙ですが、新幹線のテーブルにのせて快適にタイピングできます。

◆ その他
セキュリティチップとか面白そうなモノがついているので、これから調べて遊んで見たいです。

◆ 総評
まだ購入して日が浅いのでなんともいえませんが、おおむね満足です。