2007年春 NECは3Dに目覚めたのか? LaVie C

2007-6-6
 解像度をWXGAとしていたのをWXGA+に訂正。
 RAID 0 の頭打ちの症状、数点の写真、コメントなどを追加。

NECのハイエンド「LaVie C」は、昨年フルモデルチェンジを実施。
NECとしては久々の単体GPU「MobilityRadeon X1600」を搭載しています。
今回デモンストレーション用の試作機をお借りすることができました。

NEC、富士通はそのてんこ盛りのプリインストールソフトゆえ、ベテランユーザーに敬遠されがち。
はたして最近のLaVieはどうなっているのか? レビュー開始です。

LaVie C

 → http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0416/nec3.htm
 ⇒ LaVie タイプ C

GPU
CPU
チップセット
メモリー
HDD
液晶
光学ドライブ
質量

MobilityRadeon X1600 (256MB)
Core 2 Duo T5600 (1.83Ghz)
Intel 945GM
DDR2 1GB
RAID 0 構築 メーカー確認漏れ
15.4型 WXGA+ 光沢  ID: SEC3154
松下 DVD-RAM UJ-850S
4.3kg

 

ao.gif 筐体の質感

蹴茶がLaVie Cで良いな、と思った点は2点。その一つがこの筐体です。

基本的にプラスチックベースですが、表面は光沢コーティングが施され、ラメのように輝く姿は非常に綺麗です。また、タッチパッドのボタンや電源ボタンがメタルでこれも高級感に一役かっています。

ただ、ThinkPadのような質実剛健なノートを使いなれたユーザーにとっては、LaVie C筐体のヤワさは気になるはず。剛性に乏しく、手で持つとミシミシとたわむ感触があります。そもそも頻繁な持ち運びは想定していないはずなので仕方ない面もありますが、持つとハリボテ感が多少漂います。

lavie_c12.jpg lavie_c13.jpg

lavie_c14.jpg lavie_c15.jpg

lavie_c17.jpg キーボードに傾斜が付けられるよう足がついています。

 

ao.gif 音質

普通です。harman/kardonスピーカーの方がやや良いかなという程度の音質です。

 

ao.gif キーボード

lavie_c16.jpg


キーボードはHOMEキーなどが独立していないタイプ。右BackspaceやSHIFTキーは大きく、Enter右隣にもキーはありません。配列としては上々でしょうか。キータッチは普通。

パームレスト部はシボ加工されており、高級感と熱さ対策に貢献しています。

タッチパッドのボタンは格好イイのですが、押しにくい。

BIOSにてCTRLとFnキーの入れ替えが可能 BIOSでCTRLとFnキーの入れ替えが可能

 

ao.gif 各ポート類の配置

lavie_c33.jpg

左側面

カードスロットと、USB 1つ、ボリュームコンロールもここ。
わかりにくいが、一番奥のヒンジに近いところに無線LANのオンオフスイッチがある。通風口は吸気口と思います。

lavie_c32.jpg

後ろ

USB 2つ。miniD-Sub 15pinとHDMIポートが見える。
後ろの格子が排気口です。側にUSBがありますが、直挿しのUSBメモリなどは熱風で壊れる可能性もあるため、挿さないように(以前、別モデルで報告有り)。

lavie_c31.jpg

右側面

手前には何もなく、奥に光学ドライブとUSBコネクタ1つ。

光学ドライブの下には通風口があります(おそらく吸気)

カードスロット

ちなみに、左側面のExpressCardスロットは利便性の高いシャッター式。SDカードスロットにはダミーカードが入っています。

音量調節用のダイヤルもヘッドフォンの隣に見えますが、疑似ダイヤルです。実際はソフトウェア処理されています。

ちなみに、重さからして当然ですが、片手で天板の開け閉めが可能です。

 

ao.gif 液晶

これが残るもう一つのLaVie C最大の武器。

ダテに液晶の発色は謳っていません。
発色に関しては、これまで見たノートの中でも一位二位を争う美しさです。

ただし、

とこれも注釈が付いてしまうのですが、他社が採用するWXGAよりは広いのですが、WXGA+(1440x900ドット)では解像度が物足りない。
せっかく発色が綺麗でも、精細感に欠けてしまい、写真などを見た際の感動が薄いです。もともと解像度の低い動画を見る分にはいいのかもしれませんが。

ちなみに、

BTOメニューにはWUXGAのパネルも選べます。こちらは「スーパーシャインビューEX3」の名前は付かないノーマル液晶となりますが、個人的にはこちらが気になるところです。

※ 写真は見た感じそのままが写っているわけではありません。おおまかな参考として掲載してあります。

lavie_c23.jpg
正面

lavie_c22.jpg
左右視野角チェック

lavie_c21.jpg
上下視野角チェック

緑の発色がとても綺麗です。
ここまで綺麗に色が出たのは初めてです。

ただWXGA+と解像度が低いため、精細感が伴わず、
いまいちな印象が残ってしまいます。

 

 

lavie_c56.jpg

多少上から覗き込んでも、問題なし。綺麗なままです。
視野角はかなり良好ですね。

輝度も非常に高いです。

自動調光機能をオフにして測定。
測定機器は「MASTECH MS8209」を使用しています。安物のため、比較評価に使ってください。
実際にはもう少し輝度を下げて使うことになると思います。単位はLUX。

 

LaVie C

部位

95

102

90

105

130

100

102

124

104

平均

105.78

参考:他の機種では

 

WinBook DN7020

Lesance CL706

Inspiron 9400

部位

95

105

95

94

115

95

94

101

96

56

60

58

58

56

60

78

73

87

48

50

48

52

52

50

68

67

65

平均

98.89

65.1

55.6

 

Pavilion dv6200

dynabook AW6

dynabook TXW

デル 2405 FPW

部位

51

56

53

54

62

54

58

56

58

41

45

45

49

53

51

66

65

70

45

48

45

56

60

56

60

63

61

214

216

199

217

224

206

193

207

186

平均

55.8

53.9

54.9

206.9

 

ao.gif 静粛性

LaVieシリーズは過去に熱トラブルを何度か起こしており、冷却系はいわば鬼門です。
静粛性と冷却能力のバランスをどう取っているのか、気になるところですが...

冷却ファンは比較的早期から回り始め、結構しっかりと回るためあまり静かではありません。高周波ではないですが、静かな部屋では気になる音量だと思います。ファンコントロールの方針は、回転数が大きく変化しないようにしているのか、回転数の変化は少ないです。最大騒音値もやや低め。

騒音をセーブするよりもなるべくしっかり冷やすことを優先しているようです。

lavie_c37.jpg
40dBA弱

 

lavie_c28.jpg
普段は55dBA〜60dBAが多い

 

lavie_c27.jpg
負荷をかけると60dBA前半

lavie_c17.jpg 後ろの排気口から見えるヒートシンク

 

ao.gif カードリーダー

SDHC PQI 150倍速 4GB
 200MBファイル 書き込み 37.88秒 読み込み 62.43秒 

lavie_c51.gif

SD 上海問屋オリジナル DONYAフラッシュ 150倍速 2GB
 200MBファイル 書き込み 33.17秒 読み込み 59.91秒

lavie_c52.gif

 

ao.gif プリインストールソフト

製品販売を控えた前の「試作機」ということで、正否版では多少異なるかもしれませんが、アンインストールリストは以下の通り

lavie_c53.gif

一番左上のLhacaは蹴茶が入れたものですが、それ以外は来た時点で入っていたものです。
とにかく多い。

lavie_c44.jpg Justsystem BeatJam CDを入れるとこれが起動 けっこう重い

lavie_c57.jpg ジャストシステムのユーザー登録ポップアップ

lavie_c43.jpg BIGLOBEツールバーに、PhishWallというフィッシング対策ツール

lavie_c42.jpg タスクバーからポップアップする121ポップリンク

lavie_c41.jpg

 

悪名高きJWord

詳しくはWikipedia JWordの項を参考に

最初は使用許諾書やら、ユーザー登録要請やらが次々に出てくるため、かなり目障りです。いつまで経っても落ち着いて使えません。一通り告知を切ったあともポップアップが定期的に出てくるため、アンインストール作業は必至です。

NEC DirectのBTOにはミニマムソフトウェアパックなる選択肢がありますが、それをお薦めします。完全な‘ミニマム’からはほど遠いのが難点ではありますが。

 

ao.gif Felica

NECはソニーと並んで、前々からFelicaポートの採用に積極的なメーカーです。

最近は、ちょっとしたブームになった「PASMO」や、そしてセブンアイホールディングスの「NANAKO」、イオングループの「WAON」と続々と電子マネーが出てきており、いよいよ出番がやってきた感があります。

採用されているのはジャストシステム製のFelicaユーティリティ。他のメーカーでも採用されていますね。NANAKO、WAONについては現時点(6/6)ではまだ非対応のようです。

lavie_c58.jpg lavie_c59.jpg

Edyなどはおサイフケータイに入れてしまうと、携帯だけでチャージからギフトまで全て完結してしまうので、Felicaポートは不要になってしまいますが、携帯非対応のサービスや、携帯に不慣れなユーザーさんにとっては便利そうです。

 

ao.gif マニュアル

lavie_c24.jpg

マニュアル類は、さすが国内メーカーといえる充実ぶり。

デルの10倍ぐらいページ数はありそうですが、手に取りやすいよう一冊一冊を薄くし、カラー印刷のものを混ぜるなど、敷居を低くする工夫が見られます。

 

ao.gif ベンチスコア各種

電源設定はパフォーマンスモード。CPU電源管理を「最小のプロセッサの状態」100%にしてあります。
WinBook DN7020でも3DMarkが上手く動きませんでしたが、ATIドライバの不出来が目立ちます。

lavie_c34.jpg
3DMark03
 

lavie_c45.jpg
3DMark05
エラーによりインストールできず

lavie_c36.jpg
3DMark06
エラーにより起動できず 

lavie_c29.jpg
FF11 ver.3

 

 

Crystal Mark 2004 R2 CrystalMark 2004 R2

 

ao.gif RAIDは何かが頭を抑えている?

ハードディスクのパフォーマンスを調べる「HD Tune」を実施してみました。
LaVie CはRAID 0を構築しているので、シーケンシャルリード・ライトに期待がかかります。

が、何か頭打ちになっているようです。以前のeSATA ニコイチの症状とよく似ています。
せっかくのRAID 0なのに、ちょっともったいない。

lavie_c60.jpg

 ← クリックすると拡大します

 

ao.gif ゲーム動作レビュー

ファンタジーアースZEROでの感想ですが、同じMobilityRadeon X1600を積んでいる ソーテック WinBook DN7020と較べると、どことなく引っかかる感じがあります。LaVie Cの方がGPUのクロックは高く、解像度は低いため、軽いはずなんですが...

そこでシングルチャネル 1GBだったメインメモリを手持ちのメモリモジュールで2GBにアップしてみました。

多少動きは良くなりましたが、まだ引っかかる感じが残っているでしょうか。3DMark06が走らなかったりと、ゲームでばりばり使うにはちょっと不安というのが正直な感想です。もしかしたら常駐アプリが足を引っ張っているのかもしれません。

lavie_c35.jpg
NEC LaVie C
コアクロックもメモリクロックも高い

 

lavie_c55.gif
ソーテック WinBook DN7020
メモリが多いのはHyperMemoryのため

時間が許せば、HDMI経由でREGZA 42Z2000に繋いでゲームをしてみたかったですが、手が回らず...

 

ao.gif 総評 LaVie C

総評。08年5月にソフトウェアの項目を加え、10段階評価で再評価。

3D性能

評価 2

 

多すぎるプリインストールソフトが足を引っ張っている可能性あり

ソフトウェア

評価 1

 

プリインストールは最大級に多い。

液晶

評価 4

 

発色の良さを評価し★4つ.解像度がやや物足りないので、満点にはしませんでした.

キーボード

評価 3

 

3か4かで迷いましたが、タッチパッドボタンの押しにくさ等を考慮し3に.

騒音・ノイズ

評価 3

 

騒音の最大値はやや抑えられているが、ほぼずっと冷却ファンが回っている

筐体の質感

評価 3

 

触らなければ綺麗だが、動かすとたわみ、剛性の無さが露見し安っぽい印象あり

発熱処理

評価 5

 

シボ加工パームレストなどもあり、熱さは全く感じない.ただ過去の熱トラブルが気にはなる.

総合評価

評価 3

 

3.0。筐体が大きなわりには静粛性が平凡で、もう少し抑えられると良かったのですが。液晶の綺麗さ、外見的な筐体の品の良さなど、主にライトユーザーの女性には良いモデルです。ヘビーユーザーにとってはプリインストールの多さが減点対象。

やはり、ベテランユーザーには相性が悪すぎるモデルです。デフォルトの状態だと、膨大なプリインストールソフトが入っており、常駐プログラムも多数。次々出てくるポップアップに愕然となってしまいます。

BTOにはミニマムソフトウェアパックなるものがあるので、これはまず必須選択です。

ただ、ミニマムを選んだとしても、なお121ポップリンクやぱそ楽ねっとガジェット、BIGLOBEツールバー、BeatJamなどは入ってくるので、購入後アンインストール作業に追われることになると思います。

そしてFelicaポート関連や、省エネボタン、ホームネットワーク関連のソフトが常駐するため、メモリ2GBへの増設を強くお薦めします。予算的には厳しいなら、市販品のメモリを買ってでも増設を。

ウリにしている液晶は、発色は確かに文句なしの綺麗さ。ただ、蹴茶としては解像度がもう一押しあった方が好みです。ガシガシ使うユーザーにとってはやや狭いかもしれません。

 

ao.gif 総評 プリインストールソフト

海外でもcrapwareと呼ばれ、ベテランユーザーから忌み嫌われるプリインストールソフト。今回のLaVie Cは特に多く、標準の状態ではベテランユーザーが放棄するレベルで大量のソフトが入っています。
 → Googleの「ごみウェア」はいらない――ユーザーに選択の自由を

これはどうにかならないものでしょうか。

高付加価値、利便性アップを目的にソフトをどんどん盛り込み(開発コストは価格に反映)、さらにYahoo!ツールバーやGooツールバーを導入し、Yahoo!やGooからのリベートを受け取る。確かにこれらの施策で、ライトユーザー向けに売る分には売り上げも増え、リベートによる収益も期待できると思います。

しかし、購入時は微妙なバランスを保っているプリインストールソフトの生態系も、ユーザーが使いたいソフトを入れた途端、バランスが崩れ不安定なPCへと豹変する危険性をはらんでいます。また安定性に問題が無かったとしても、PCの性能は間違いなく喰われてしまいます。それでいいのでしょうか。

長期的な視野でみれば、Crapwareを嫌う古くからのユーザーはNECや富士通からどんどん離れていき、プリインストールが少なく安いデルやHP、こだわりのThinkPadなどに流れていっているのが現状ではないでしょうか。ベテランユーザーは確かに市場規模も少なく、販売数も稼げません。でも、身近な人の購入相談を受け、トラブル対応なども引き受けるベテランの意見はブランドイメージにジワジワと影響を及ぼしているような気がします。

無闇なプリインストール競争に陥らず、ベテランユーザーの要望をくみ取ったシンプルモデルも出せないものでしょうか。差別化をはかるなら、水冷ノートなど国産ならではのハードウェアにコストをかけて欲しいところです。色々モデルを出すのは、リソース的に難しいとは思いますがぜひ。

 ⇒ LaVie タイプ C

◆ 評価ランクの指標 ver.2

旧採点法

評価 5 小さな不満が1〜2 名機レベル

90-100点

評価 4 小さな不満が3〜4 並みより上

80-89点

評価 3 大きな不満が1 まぁこんなもの

70-79点

評価 2 大きな不満が2〜3 失敗した買い物

50-69点

評価 1 不満だらけ 近日中に処分予定

0-49点

「価格を考えれば納得」といったコストパフォーマンスの良さが
認められる場合は通常の評価から1ランク程度アップさせます

 → 3Dゲームをノートで 蹴茶