ThinkPad X230 レビュー

X230で一番気にすべきはやはりキー配列の変更。これまでのThinkPad固有配列とも言える 7段配列から、より一般的な6段配列へと変わっています。

 ⇒ レノボ ThinkPad X230

キーボード 良好
筐体帯

変わったと言っても、より一般的な6段配列への変更なので他社製ノートを触る機会が多い人であればさほど苦労なく慣れると思います。7段配列に慣れた人ほど違和感があることになります。

私自身、10年ほどThinkPadを使い続けてきたユーザーですので、プラス評価とはいきませんが、配列への違和感はさほど無かったです。

むしろ問題なのは狭く感じる パームレスト。X220と縦幅に関しては大きくは変わっていないのですが、キーボードエリアに続く斜面の形状など細かく変わったことで、より狭く感じました。

おしなべて見れば他社の平均的なキーボードよりもタイピングはしやすいので印象は悪くないです(“特上”ではないが十分“良好”)。後述しますが、BIOSでFnキーとCTRLの入れ替えが可能です。

ThinkPad X230 キーボード配置

タッチパッドもなかなか良好です。以前はトラックポイント用2ボタン、タッチパッド 2ボタンの、計4ボタンが所狭しと配置されていましたが、ユニパッド化(MacBook方式)されたことでレイアウトはスッキリしました。

ThinkPad X230 タッチパッド

筐体 良い
筐体帯

筐体の印象は前世代と大きくは変わりません。剛性は十分ですがずっしり重い。スマホでは狭ベゼル競争が勃発してますが、Xシリーズのベゼルは相変わらず厚めです。

ThinkPad X230 写真1

ThinkPadの特徴といえば、稼働域の広いヒンジ。これもThinkPadの特徴です。180°を超えて広がります。対面でプレゼンするときなども活躍するかもしれませんが、個人的にはJコミのような電書をごろごろしながら読むのに重宝します。

ThinkPad X230 写真2

液晶 普通
筐体帯

非光沢液晶。色が映える印象はまったく無いです。コントラストも至って普通。

ThinkPad X230 液晶1
ThinkPad X230 液晶2

キャリブレーション測定の結果
肉眼でもわかりますが、色域はあまり広くないです。青の補正が相当かかっています。その甲斐あってか、あまり青臭さは強くはありません。

ThinkPad X230 色

コネクタ 良好
筐体帯

このサイズでExpressCard54スロットがあるのは非常に珍しい。USB 3基、Mini DisplayPortとコネクタ類はかなり豊富。無線のオンオフスイッチがあるのも特徴ですね。

ThinkPad X230 右側面コネクタ
ThinkPad X230 左側面コネクタ

後ろに液晶が回り込まないので、背面に電源コネクタが配置されています。大型の据え置きモデルだと好みの配置なのですが、抜き差し頻度の高いモバイルだと左右どちらかの後部にあった方が便利かもしれません。

ThinkPad X230 背面コネクタ

前面はラッチレス。下にはステレオスピーカーが埋め込まれています。

ThinkPad X230 前面

電源コネクタはストレート型。

ThinkPad X230 ACアダプタ1

ソフトウェア 普通
筐体帯

Lenovo Soulution Centerなるツールが常駐。逐一メッセージを出してきます。デバイスドライバの更新通知は便利ですが、デフォルトではバックアップや定期検査などもお知らせしてくるのは少々鬱陶しいです。もちろん、設定で通知オフにすることは可能。

ThinkPad X230 Lenovo Solution Center
ThinkPad X230 付属ソフト

プリインストールのセキュリティソフトにはノートンが入ってます。例の如く、一度入ると登録しないと抜けられない魔のポップアップ。要らない方はアンインストールする以外にポップアップから逃れられません。

ThinkPad X230 ノートン

BIOS 良好
筐体帯

BIOSの設定項目は非常に豊富。自作マザーだとこれぐらいはよくありますが、シンプルな設定が当たり前のノートパソコンのBIOSにあっては非常に珍しいです。

ThinkPad X230 BIOS1 ThinkPad X230 BIOS2
ThinkPad X230 BIOS3 ThinkPad X230 BIOS4

グラフィックスドライバ 良好
筐体帯

Intelグラフィックスドライバは画面の回転をサポート。回転機能は同じIntelドライバでもモデルによってサポートしたりしなかったりするのですが、本機はサポート。

ThinkPad X230 回転設定
ThinkPad X230 回転1
ThinkPad X230 回転2

その他  
筐体帯

CPU-Z 解析結果

ThinkPad X230 cpuid1 ThinkPad X230 cpuid2 ThinkPad X230 cpuid3 ThinkPad X230 cpuid4

GPU-Z

ThinkPad X230 gpuz 1 ThinkPad X230 gpuz 2

スペック  
筐体帯
プロセッサCore i7-3520M
(IvyBridge, Base 2.9Ghz / TB 3.6Ghz)
GPUIntel HD Graphics 4000

総合評価 4 /5
筐体帯

4点を付けた最大の理由はキーボードとトラックポイントの使いやすさ。最低限のボタンの押しやすさもキープできていないモデルが多い中、きっちり平均以上の扱いやすさを備えているのはさすがのThinkPad。

難点をあげるなら、パームレストの窮屈さと幅広ベゼルを持つ大柄なボディ、それと付属ソフトウェアがくどいのが気になります。

 ⇒ レノボ ThinkPad X230

蹴茶 3Dゲームをノートで