マカフィー オールアクセス 2013 レビュー

マカフィーのトータルパッケージ「オールアクセス 2013」
このパッケージを買えば、Windows、Mac、Androidスマホ・タブレットに何台でもインストール可能という、なんとも今風のパッケージです(但しユーザーは1人が前提)。

 ⇒ マカフィー・ストア(キャンペーン)

何台に入れてもOK  
筐体帯

最大の特徴はWin、Mac、Androidすべての端末を1ライセンスでカバーできる点。1ユーザーであれば台数の制限もありません。ライセンス管理の煩わしさから解放されるのが大きなメリットです。

マカフィー オールアクセス 2013 導入1

マカフィー オールアクセス 2013 導入2

機能一覧  
筐体帯

総合パッケージということもあって機能は豊富です。
この一覧ページから各機能にアクセスできるのは便利。

マカフィー オールアクセス 2013 機能一覧

インストール時に、導入モジュールを選択可能。ベテランユーザーはともかく、英語名だけだと直感的にはわかりにくいので、簡単な日本語説明が欲しいところ。

マカフィー オールアクセス 2013 インストール時選択

マイホームネットワーク  
筐体帯

最近はどのセキュリティソフトも備えつつあるネットワーク管理機能。家族のPCのセキュリティ状態をネットワーク越しに監視することができます。
(ライセンスは家族の人数分必要)

マカフィー オールアクセス 2013 ネットワーク管理

シュレッダー  
筐体帯

ゴミ箱を空にしただけではファイルは磁気的に消えてませんが、さらに上書きで磁気的にも完全消去するシュレッダー機能。フォルダ指定のほか、右クリックからも使えます。

マカフィー オールアクセス 2013 シュレッダー

サイトアドバイザー  
筐体帯

危険なサイトを教えてくれるサイトアドバイザー。サンプル数を増やすためか、あちこちで無料配布されており使った経験のある方も多いのでは。
 → McAfee SiteAdvisor − Web サイトの安全性評価と安全検索

Chrome 22、IE9、Firefox 15 での動作を確認。

マカフィー オールアクセス 2013 サイトアドバイザー1

危険サイトへのリンクには警告を発します。安全なサイトは右のようなグリーンマークが出てます。

左は google.com のタイプミスを狙った googkle.com 。

マカフィー オールアクセス 2013 サイトアドバイザー2

検索結果にもサイト評価が付随するので、クリックする前にわかります。

マカフィー オールアクセス 2013 サイトアドバイザー3

バックアップ 
筐体帯

セキュリティソフトらしからぬ機能ですが、オンラインバックアップ機能が付いています。デフォルトの設定もありますが、自分自身で新規にバックアップ対象を指定することも可能。

マカフィー オールアクセス 2013 バックアップ1

ただ容量が2GBしかありません。容量のアップグレードも可能ですが、「オンラインバックアップ(7980円)」という別個のパッケージを買うことになります。

検出率  
筐体帯

そして要の検出率。AV Comparatives によるレポートを見てみます。
 → Whole Product Dynamic "Real World" Test

まず毎月行われている検出率調査。緑が感染を防いだサンプル、黄色がユーザーに判断を求めてきた分、そして赤が問答無用で感染してしまったサンプルです。

パッと見た感じ「半分近く感染してる!」ように見えますが、80%〜100%のグラフですので、3月のテストでも約92%はブロックしています。

マカフィー オールアクセス 2013 AV Comparatives 2011総合評価 検出率

上記の結果をまとめたのが下の表とグラフ。

マカフィー オールアクセス 2013 AV Comparatives 2011総合評価 検出率 平均 マカフィー オールアクセス 2013 AV Comparatives 2011総合評価 検出率 グラフ

マカフィーの検出率は94.7%と、ライバルと較べると成績が悪い。K7やMicrosoftなどさらに成績の悪そうなソフトがそもそもテストされていないのもありますが、検出率第一で買うソフトではありませんね。

次に少し遡って2011年の総合レーティングです。これは一般的な検出率に加えて、データベースを使わないヒューリスティックエンジンによる検出率、動作の軽さなど、様々なテスト結果をまとめた総合評価です。

マカフィー オールアクセス 2013 AV Comparatives 2011総合評価

最優秀アワードにはカスペルスキー。続く最高位レーティングにはAvira、Bitdefender、ESET NOD32、F-Secureが選ばれています。マカフィーは選外。

検出率についてはAV Comparativesとは別組織であるAV-TEST AWARDにおいてもあまりふるわない結果となっています。

コストパフォーマンス  
筐体帯

最後にコストパフォーマンス。
同じくマルチデバイス対応のパッケージと比較してみます。なのでESETなどは除外。

Bitdefenderは日本語ローカライズ版をソースネクストが「スーパーセキュリティZERO」 iconとして販売してますが、マルチデバイス向けのライセンスが無いので本家英語版を引っ張ってきています。

マカフィー オールアクセス 2013 コストパフォーマンス

マカフィーが冴えるのは 5ユーザーライセンス版です。
家族用にこれを1つ買うというのはわかりやすい選択肢。

お一人様、マルチデバイスならカスペルスキー。Windowsのみであれば Bitdefenderベースで2020年(Win7使用時)まで更新料不要の「スーパーセキュリティZERO」 iconがかなりお買い得感があります。

ZEROは別ですが、マカフィーに限らず2年度以降の更新料金がわからないのが猛烈に不親切ですねぇ… 他社への牽制もあるのでしょうが、安心して買えるようにしてもらいたいところです。

総合評価 3 /5
筐体帯

マカフィー オールアクセス2013 まとめ。

長所
 ・ シュレッダーやバックアップなどあると便利なツール群
 ・ スマホ、タブレット、PC、形態を選ばないライセンスの緩さ
 ・ 5ユーザーライセンスがお買い得

短所
 ・ イマイチ冴えない検出率
 ・ 日本語訳の直訳臭さが取れてない。ヘルプがわかりにくい

 ・ 1ユーザーライセンスだとカスペルスキーの方が優位

これら長所・短所を天秤にかけ、あとは価格と相談です。

 ⇒ マカフィー・ストア(キャンペーン)

蹴茶 3Dゲームをノートで